大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月06日更新

【男性心理】彼女を「重いな…」と感じる3つの瞬間

【男性心理】彼女を「重いなぁ…」と感じる3つの瞬間

彼氏から「重い」と言われて悩む女性は少なくありませんよね。彼氏が重いと感じると、「別れたい」と思いやすくなってしまいます。そこで今回は、男性が彼女を「重い」と感じる瞬間を紹介していきます。ここで紹介するようなことに注意しながら、彼氏との関係を築いていきましょう。

1. 泣いたとき

彼氏と喧嘩をしたときや、何か不満を言われたときなどに、悲しくて泣いてしまうことってありますよね。涙は生理的なものなので仕方ないものなのですが、男性はすぐに泣く彼女を「重い」と感じてしまうことがあります。これは、泣いている姿が感情的に見えるためです。

相手が泣いてしまえば、話し合いをすることはできません。そのため「重い」という気持ちが「面倒」に変化するのは早くなります。そうなると、二人の関係は別れに向かっていってしまうので、注意しなくてはいけないでしょう。

男性は論理的に物事を考えたい傾向があります。何か反論があれば、論理立てて話すことが効果的でしょう。すぐに言い返せない場合は、紙に考えていることを書き出すことで冷静になれます。冷静になれば涙は引っ込むため、一度整理してから彼に伝えると良いかもしれません。

2. 嫉妬されたとき

彼氏が自分以外の女性と接していれば、モヤモヤしたり気になったりすることってありますよね。しかし、嫉妬は時に彼氏が「重い」と感じる原因になってしまうため、注意しなくてはいけないでしょう。

特に男性は、彼女に浮気を疑われることを嫌がる傾向があります。また、職場の女性や友達と連絡を取ることに不満を言うと、束縛を感じて自由になりたいと考えてしまいます。

「彼氏が浮気するかもしれない」と不安に思ったときは、信頼することを思い出しましょう。必要以上に彼氏の交友関係に口出しをしないことも、二人の関係を長続きさせるには大切です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ