大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月08日更新

仲良くなりたい♡男性が《本命女子》限定にする呼び方

「好きな子には違います♡」男性が《本命女子》限定にする呼び方

関係性が変わると、お互いの呼び方も変わってくるものですよね。まだ付き合っていない段階では、ちょっとした呼び方の変化も気になってしまうことでしょう。そこで今回は、本命女子限定の呼び方を3つ紹介します!

「下の名前+さん付け」は、親しくなりたいときの呼び方

男性は基本的には、女性を下の名前で呼ばないことが多いです。しかし、本命女子だけは異なります。

本命の女性とは少しでも距離を縮めたいという思いがあるので、早い段階から下の名前で呼ぼうとするケースが増えます。下の名前を呼び捨てにするのは失礼だと考えている男性は、「下の名前+さん」のセットで女性を呼ぶ可能性が高いでしょう。

さん付けにすることは、「君を大切に思っているよ」という意味も込められています。本気で親しくなりたいと思っているときほど、丁寧な呼び方を意識しているでしょう。

「あだ名」で呼ぶことで、特別感を演出したい

男性は、本命の女性だけ「あだ名」で呼ぶこともあります。これには「あだ名」で呼ぶことで、特別感を演出したいという思惑があります。また「あだ名」で呼ぶことによって、「俺が一番親しい関係なんだ」という周囲へのアピールも兼ねています。

誰もが呼ぶあだ名ではなく、2人の共通の話題の中から生まれたあだ名にしている方が、本命度は高まります。2人で秘密を共有しているという、優越感も得られるからです。

名字を使ったあだ名よりも、名前を使ったあだ名の方がより本命度は高いでしょう。名前を使った恋人っぽいあだ名も、本命女子限定の特別な呼び方のひとつでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter