大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛上手の秘訣!「好き」はストレートに伝えた方がいいワケ
2022年04月14日更新

恋愛上手の秘訣!「好き」はストレートに伝えた方がいいワケ

恋愛上手の秘訣!「好き」はストレートに伝えるべき3つの理由

彼氏や好きな男性に、「好き」と言葉で伝えるのは恥ずかしい気持ちになりますよね。でも恋愛上手な女性は、「好き」の気持ちはストレートに伝えていることが多いです。
そこで今回は、好きの気持ちはストレートに伝えるべき理由を紹介していきます。恋の駆け引きをしたり、好意の匂わせをしたりするよりも、恋愛は直球勝負で挑んだ方が、成功率は高いのかもしれませんね。

1. 不安を消してくれる

彼氏や好きな男性が、自分のことをどう思っているのか不安になることってありますよね。その解消法として、先に自分の気持ちを伝えてしまう手があります。
自分からストレートに好きな気持ちを伝えることで、相手も本当の気持ちを伝えてくれる可能性が高くなります。

また、人には返報性の原理という心理があり、好意を示してくれた相手には同じくらいの好意を返したくなります。不安だから…と相手に気持ちを言わないままでいると、余計にその不安は大きくなってしまうでしょう。

そして、相手も同じように不安に思っている可能性があります。「好き」と伝えられたことで愛情を自覚して、あなたへの気持ちがもっと強くなる場合もあります。

2. 誤解を防ぐ

男性は、回りくどい言い回しが苦手な人が多いです。自分では好きと伝えたつもりでも、実は伝わってなかった…という誤解もかなり多いのです。うまくいくはずの二人の関係が、すれ違いで終わってしまっては悲しいですよね。

「好き」と相手に伝えるときは、できるだけ余分な言葉は省略し、ストレートに伝えるようにしましょう。「好き」の言葉を言うのはもちろんですが、しっかりと目を合わせて言うことも、ストレートな表現には大切になってきます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛上手の秘訣!「好き」はストレートに伝えた方がいいワケ