大人女子のためのWebメディア
検索

シンプルだけど大事♡彼氏に《愛が伝わる》言葉3つ

今日も大好き♡彼氏に《愛が伝わる》言葉3選

彼氏のことが好きであれば、その気持ちを伝えたいと思いますよね。でも伝え方によっては、うまく彼氏に伝わらないこともあります。そこで今回は、彼氏に愛情が伝わりやすい言葉を紹介していきます。記念日やお家デートで二人きりのタイミングなど、ここぞというときに伝えてみてください。二人の仲が深まることは間違いないはずです!

1. 会えないときの「寂しい」

彼氏の仕事が忙しかったり、スケジュールがお互いに合わなかったりすると、カップルでも会えない期間が続くことがありますよね。大人になれば、お互いの都合でそういったことも増えていくため、寂しくても「仕方ない」と気持ちを我慢してしまうことも多いです。

しかし、寂しいときは「寂しい」と彼氏に伝えないと、彼は「自分がいなくても大丈夫なのか」と不安になってしまうことがあります。

 

「会えなくて寂しい」という言葉は、彼氏に愛情が伝えられる言葉です。

寂しい気持ちを素直に伝えることで、男性は彼女に愛されていることを実感できます。好きな人に迷惑をかけたくないと我慢できることは素晴らしいですが、気持ちを伝えないことですれ違いが起きることもあるので注意が必要です。

2. 彼氏に感謝する「ありがとう」

長く付き合っているカップルだと、一緒にいるのが当たり前になって感謝の気持ちを忘れてしまうことがあります。しかし感謝の気持ちを忘れてしまうと、相手に対する思いやりがなくなってしまうこともあります。相手の態度を雑だと思ってしまうと、愛情を感じられなくなってしまいます。その結果、喧嘩が増えて、別れの原因にもなってしまうこともあるでしょう。

 

彼氏に愛情を伝えるためにも、感謝の言葉は必ず伝えるようにしましょう。

何かをしてくれたときだけでなく、彼氏がそばにいてくれることに感謝する気持ちも大切です。

例えば「そばにいてくれてありがとう」「付き合ってくれてありがとう」など、一緒にいてくれることに感謝していることを伝えると、彼氏はあなたからの愛情をしっかり感じることができるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ