大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月17日更新

告白成功の秘訣♡絶対に押さえたい3つのポイント

好きな人がいるとき、告白をするべきかどうかで悩みますよね。気持ちを伝えて断られたら、その後気まずくなってしまうのではないかと心配になります。かと言って、気持ちを伝えないままでいて、他の人と付き合い始めてしまったら、後悔することになりますよね。

告白してふられるのは辛いものですが、何もせずに恋が終わってしまう方が、後悔は大きくなります。少しでも告白の成功率を上げるために、3つのポイントをおさえましょう。

タイミングを見極める

告白の成功率はタイミングの良し悪しに判断されることが多いです。告白する前にアプローチしておくことが必要です。

思いもよらない相手から告白されるとドキッとするものですが、「嬉しいけど友達としか思えない」などと言われる可能性も高く、告白の成功率という点では下がってしまいます。告白前からさりげなく好意を匂わせ、少しずつ距離を縮めましょう。

匂わせるというのは、好意をはっきり伝えるのではなく、他人との差をつけた特別扱いをすることです。相手は「もしかして自分に気があるのかな…?」「今のはどういう意味なんだろう?」と気にせざるを得なくなります。

相手から緊張や照れなどの表情が見られたら、異性として意識している、もしくはし始めているという証拠です。こうした反応を見ながらタイミングを見極めましょう。焦らずに徐々に段階を踏むことが大切です。

直接告白する

告白する方法は色々あります。顔を見るのが恥ずかしいからと電話や、最近ではLINEで伝えることも増えているようです。共通の知人を介して間接的に告白するという方法もあります。

しかし成功率を上げるのなら、やはり面と向かって直接告白するのが一番良い方法でしょう。例えば、同じ「好きです」という言葉でも、声だけ・文面だけよりも、表情やしぐさなどの情報が加わる為、より相手へ本気度を伝えることが出来ます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo