大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月21日更新

「俺のそばにいて♡」彼が合鍵を渡したくなる瞬間

「もっと俺のそばにいて♡」彼が合鍵を渡したくなる瞬間

彼氏とデートの回数を重ねて、彼の家にお邪魔する機会が増えた頃に「合鍵をもらえたらなぁ♡」なんて気持ちが、湧いてきますよね。ただ彼に「合鍵ちょうだい!」とは、言いにくいですよね…。どうしたら信頼して、合鍵を預けて貰えるのでしょうか。

ここでは、男性が彼女に合鍵を渡したくなる瞬間をご紹介します。彼に「合鍵渡そうかな…」という気持ちを芽生えさせる行動をチェックしていきましょう!

1. 彼のお家で、手料理を振る舞う

彼のハートを掴むのには、手料理を振る舞うのがおすすめです。合鍵が欲しくなったら、真っ先に彼の胃袋を掴みましょう。

 

「やっぱり決め手は、料理かな。仕事後にどうしても会いたくて、家に来てもらったんですよ。そしたらスーパーで材料を買ってきてくれて、俺がお風呂に入っている間に親子丼を作ってくれたんです。こういう生活がずっとしたかったと思って、合鍵を渡す覚悟を決めました」(20代男性・会社員)

 

疲れた心と体に染みわたる、彼女の手料理。これぞ、結婚を意識させ同棲しようかな…と思わせる最大の武器なのです。

2. もっと一緒に居たいと思わせる

あっという間のお家デートに物足りなさを感じさせたら、合鍵がもらえるのはもうすぐかも。

 

「ゆっくり映画を見たいけど、話もしたいし、ゲームもしたい、家で遊ぶと時間がアッと言う間に過ぎちゃうんですよね。だから一緒に暮らせば、もっと一緒にいれるじゃんって思って。家に泊まりにおいでよって言うたびに、彼女の荷物がすごい量なんです。着替えとか色々。で、ちゃんと全部持って帰るんです…健気でしょ。その姿が辛すぎて、もっと一緒に居たくて合鍵を渡しました」(20代男性・学習塾講師)

 

一緒に居たいという気持ちを溢れさせるように、お家デートを楽しみましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数