大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月30日更新

【恋愛心理】好みじゃない人を好きになる理由

目に見えるポイントばかりではない

人はとても多面的なので、魅力は一つだけで表せるものではありません。

たとえ苦手なポイントが一つあったとしても、ほかに魅力的なポイントがあれば好きになることは不思議ではありません。人はまず苦手なことに意識がいきやすいので、他の魅力的なポイントに気が付かないことも多いのです。

そもそも嫌いではないのかも

苦手なタイプと感じるのは、以前に付き合っていたり接していたことがあるからです。そもそもそういった人との付き合いが多く生まれる状況にあるのは、本当に嫌いなわけではないこともあります。

嫌な思い出があったり、うまくいかないことが多かったりすることで「嫌い」と思い込んでいるのかもしれません。

自分の気持ちを一度整理してみると意外と嫌いなタイプではないこともあるので、初めから毛嫌いしないほうが良いでしょう。

 

これまでの経験などから、苦手なタイプが明確になっている場合でも、それにとらわれない考え方を持つことが必要です。

人はそれぞれ異なる面を持っていますから、あるタイプに当てはまるからといって同じようなことが起きるとは限りません。初めから決めつけず、一人一人と向き合ってみることが大切です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter