大人女子のためのWebメディア
検索
2022年05月07日更新

男性のホンネ!《女友達》と《特別な女性》の違いとは

【男性のホンネ】男性からみた「女友達」と「特別な女性」の違いとは ?

意中の男性から自分が「女友達」だと思われているのか、それとも「特別な女性」だと思われているのかは、とても切実な問題ですよね。そこで今回は、「女友達と特別な女性との違い」を男性目線で解説します。

1. 相手のプライベートが気になるかどうか

男性が女性を食事に誘ったシチュエーションで、女性がお誘いを断るシーンを思い浮かべてみてください。

女性が「その日は、ちょっと用事があって…」などと断った場合、お誘いを断られた相手が女友達なら、男性は「あ、そう。だったら別の子を誘おうかな」と、すぐに気持ちを切り替えることができます。

しかし相手が特別な女性だと、そのちょっとの用事のことが気になって仕方がないのです。「もしかしたら、別の男とデートするんじゃないか」と、あれこれ妄想を膨らませます。

男性からのお誘いを断ったときに、相手が「えっ!その日は何をするの?」とプライベートを気にかけてきたら、あなたは彼の「特別な女性」の可能性が高いですよ。

2. 自虐ネタを話せるかどうか

男性は女性に自虐ネタを話して、笑いをとろうとすることがあります。

しかし特別な女性の前では、自虐ネタを話すことに抵抗感を覚えるのです。たとえば「俺って、全然モテないんだよね」というトークでは、「これをネタにすると、魅力のない男だと思われるんじゃないか?」という懸念が生じます。

その一方で相手が女友達だと、男性は場を盛り上げることを優先させるため、ほとんど抵抗感を覚えずに自虐ネタを話すことができるのです。

男性が笑いをとろうとして自虐ネタが多い場合は、その場にいる女性は女友達に認定されている可能性が高いといえるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ