大人女子のためのWebメディア
検索
2022年05月07日更新

一緒に住む前に決めるのが大事!《同棲のルール》4つ

一緒に住む前に決めるのが正解!《同棲のルール》4つ

同棲を成功させるには、一緒に住む前にルールを決めておくことがポイントです。同棲時のトラブルを避けるためにも、二人で話し合って事前にルールを決めておきましょう。

1. 家事のルール

同棲したときに、喧嘩や破局の原因になりやすいのが、家事についてです。家事は人によって感覚が違うため、二人の価値観がズレやすいことでもあります。

一方がキッチンに洗い物を残したくない派であっても、もう一方は忙しければ後でまとめてやりたい派であれば、毎日のことなので必ず喧嘩になるでしょう。

 

細々としたことでも、家事については二人で話し合っておくことが大切です。話し合うことで、相手の家事のやり方が事前にわかることもあります。お互いにこれだけは絶対に譲れないといったことがあれば、家事をルール化するためにも、今までの生活の仕方を話しておきましょう。

2. 帰りが遅いときは連絡する

同棲が始まれば、帰ってくる家は同じになります。そのためカップルのどちらかの帰りが遅い日々が続いたり、帰宅時間がわからなかったりすると、浮気を疑うことになったり、事故に遭ったのではないかと心配をかけたりしてしまいます。また、深夜に相手が帰ってきたと思ったら、不審者だったということもあるのです。

 

同棲生活を送る上で、帰りが遅くなるとわかったときに連絡を入れるのは、お互いにルールにしておくといいでしょう。何が理由があって帰りが遅くなるのだとわかると、恋人の不安を解消できます。

また同棲を始めたばかり頃は、部屋でいつ帰るかわからない相手を一人きりで待ち続けるのは辛いと感じるものです。何時頃に帰るかわかっているだけでも、ストレスは軽減されるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter