大人女子のためのWebメディア
検索
2022年06月04日更新

ヨリを戻したい…再会した《元カレ》へのアピール法3つ

別れたけれど...偶然再会した《元カレ》へのアピール方法3つ

もしも偶然元カレと出会ったら、あなたはどんな態度をとるでしょうか?顔を合わせたくないほど憎みあった仲なら、目線も合わせなくて当然です。

しかし、なにかしらの引っかかりがある2人なら…もしかすると今後、また親密になれるかも♡どんな方法でアピールすべきか、確認しておきましょう!

1. 心境、環境…「変化を話す」

なんらかのすれ違いがあって別れた2人だからこそ、昔と今ではどんな変化があるのかを話しましょう。

 

「まずは、久しぶりに会えた嬉しさを溢れさせながら、昔と今ではどう違っているのかについて話しました。お互いのことはある程度知っているけど、それでも知らない部分を知っていくことで、もっと知りたいという欲が出てきて。心境の変化とか環境が変わったとか、知らない彼の話をされたときに、一気に新しい出会いのような新鮮さが得られました」(20代女性・会社員)

 

お互いの価値観が、変わっているかもしれません。慣れ親しんだ仲でも、新鮮な気持ちでまた接し始められます。

2. プライド、喧嘩「失敗を話す」

時間が経てば、当時なぜ別れに至ったのか、客観的に話せるようになっていることでしょう。なぜ別れという失敗をしたのか話してみると、また新たな一歩を踏み出しやすくなります。

 

「当時はどんな喧嘩をしたか、なぜそういう思考に陥ったのかについて話すだけでも、大きく異なってきます。当時は許せなかった喧嘩や、妥協できなかったプライドも、今となっては全然気にならないこともありますから」(20代女性・公務員)

 

なぜあの頃、そこまで気にしてしまったのか…なんてお互いに当時を思いだし冷静に考えるキッカケにもなります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数