大人女子のためのWebメディア
検索
2022年06月03日更新

彼にわかって欲しい!嫉妬している時の上手な伝え方

彼にわかって欲しい...!嫉妬している時の上手な伝え方

彼が忙しそうで会ってくれない…!他の女性と仲良くしてた気配…!そんな時、かまって欲しいあなたとしては、怒りをぶつけたいような、でもそれをしたら嫌われてしまうからやりたくないような、複雑な気持ちになってしまうでしょう。
嫉妬心を感じている時は、どうやって彼に甘えれば良いのでしょうか?

可愛く怒ってみせる

リアルに怒っているのを、必死で堪えている感じは、逆に恐ろしい印象を相手に与えます。それをするくらいなら、プンプンと可愛く怒っている感じをアピールしていきましょう。

「ねぇ、つまんないー!」「私のことだけかまってくれなきゃヤダー」と、拗ねつつダダをこねる感じを演出してみてください。本当は怒っていないけれど、怒ったフリをしている、くらいの加減が絶妙です。

弱っている感じを見せる

怒ってみせる感じが苦手な人は、弱っている感じを見せてみましょう。寂しくて、切なくて、辛くて涙ぐんでいる様子を伝えてみるのです。絵文字の「ぴえん」のような表情を意識してみるといいでしょう。

「○○くんが、他の女の人と楽しそうにしているのを想像したら、私ほんとにダメ…」なんて小声で言ってみると、かなり効果があるはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter