大人女子のためのWebメディア
検索
2022年06月06日更新

配慮が大事!相手を傷つけない告白の断り方3つ

【大人のマナー】男性を傷つけない告白の断り方

ときに全く意識していなかった男性から、告白されて戸惑ってしまうこともあるでしょう。付き合っている人がいる場合は、断る理由がはっきりしていますが、恋愛対象には見れない場合は、どのように断るのが良いのでしょうか?
どんな断り方をすれば、男性を傷つけずに済むのか、見ていきましょう。

1. 好きな人がいると伝える

告白されたとき、本音で「あなたは、恋愛対象外ですよ!」と言いたくなることが、あるかもしれません。しかし、それを伝えてしまったのでは、まるで相手に何の魅力もないかのようで、傷つけてしまうことになるでしょう。

だからこそ、ベクトルを別の方へ向け、「今、好きな人がいるので、ごめんなさい」と伝えるようにするといいでしょう。これを伝えられたら「それならしょうがない」と思うしかないので、しつこくされることもないでしょう。

2. 今はやるべきことがあると伝える

好きな相手が特にいない場合は、「今は勉強に集中したいので」、「今は仕事でやるべきことがあるので」という伝え方をするのがいいでしょう。これも、相手に魅力を感じているかどうかに関わらない答え方となるので、相手を傷つける心配がありません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter