大人女子のためのWebメディア
検索

いつまで待つべき?「また連絡するね」の男性心理3つ

いつまで待つべき?「また連絡するね」の男性心理3つ

大好きな彼から「また連絡するね」と言われたはいいものの、一体いつまで待てばいいのか迷ったことはありませんか?待てないで連絡すると「ウザイ」と思われないか不安ですし、かといって彼からの連絡をずっと待っているのも辛いですよね。

ここでは、ケース別にいつまで待つべきなのかを解説していきます。

一般職なら金曜の夜は仕事の邪魔にならない

夜勤があったり、シフト制で不定休といった職種ではないのであれば、金曜の夜は仕事の邪魔にはなりません。

 

「一般的な仕事であれば、金曜の夜なら仕事の邪魔にはならないから良いと思います。ただ、プライベートで忙しくしてゆっくり返事できないこともありますね。優先したい子ならちゃんとその日のうちに連絡するし、優先順位低ければ翌朝とかになるかもだけど、配慮してくれていることには感謝すると思います」(20代男性・営業職)

 

あくまでも、仕事の邪魔にならないというポイントですので、プライベートで用事の最中かもしれないという気持ちで連絡してみるのが良いでしょう。

多忙な職種の相手には繁忙期のあとに連絡する

特定の時期に業務が集中するような職種の相手には、繁忙期が過ぎたあとに連絡するといいでしょう。

 

「決算時期とかめちゃくちゃ忙しい時期がある仕事に就いていると、繁忙期は避けてくれって思います。前もってこちらから伝えておくべきだけど、もしそこを気遣ってくれる子がいたら素敵だなって思います。こちらの都合を考えて連絡してくれるとか、めっちゃ良い子じゃんって」(20代男性・会計事務所勤務)

 

男性側が心配りに感激して、連絡を再開させたあとに急接近することも考えられます。彼が忙しい時期についてあらかじめ聞いておくと良いですね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数