大人女子のためのWebメディア
検索
2022年06月22日更新

別れるのはまだ早い!《修復可能なカップル》の特徴とは

別れるのはまだ早い!《修復可能なカップル》の条件とは

カップルであっても、すれ違いや喧嘩が多くなってくれば、別れを意識することもあるでしょう。けれど、場合によっては関係性を修復できることもあります。どのようなカップルだと修復が可能なのか、条件をチェックしてみてください。

1. 会話ができる

お互い全く会話をしなかったり、片方が一方的に話して、もう片方がそれを無視したりするようであれば、カップルとしての修復は難しくなります。

けれど、多少仲が険悪になってギスギスしていたとしても、会話ができる関係であれば、まだ修復できる可能性があります。話し合いによって、お互いの気持ちを知り、擦り合わせることができるからです。

感情がヒートアップしないよう意識しながら、彼と冷静に話し合ってみましょう。二人だけだと喧嘩になりそうであれば、共通の友人などに間に入ってもらうのも良いでしょう。

2. 仲が良いときもある

カップルによっては、普段は仲が良くても、喧嘩になると酷い罵り合いになってしまうパターンもありますよね。喧嘩があまりにひどくなると、「もう別れるしかない」と考えてしまうでしょう。

けれど、仲が良い部分が少しでもあるのなら、修復は可能です。大きな喧嘩さえしないようにすれば、仲が良い二人の状態をキープすることができるはずです。

喧嘩になりそうになったときは、すぐに距離を置くのも対処法のひとつです。また、普段は仲が良くても機嫌が悪いときは喧嘩に発展しやすくなります。機嫌が悪い時やストレスが溜まっている時は、会わないようにするのも効果があるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter