大人女子のためのWebメディア
検索
2022年06月30日更新

気をつけて!彼氏との喧嘩で言ってはいけないこと3つ

気をつけて!《彼氏と喧嘩中》言ってはいけないこと3つ

カップルが避けては通れないのが喧嘩です。喧嘩は仲直りをすることで、二人の関係を深めるスパイスになる場合もあります。しかし、喧嘩中に言ってはいけないことを言ってしまえば、破局につながってしまうこともあるでしょう。今回は、彼氏との喧嘩で絶対に言ってはいけないことを解説していきます。

1. 人格を否定する

相手に対して腹が立ったり、納得できないことがあったりすると、喧嘩になりますよね。けれどそのとき、相手の人格そのものを否定してはいけません。

腹が立つことがあるならその出来事だけを伝える、納得できないことがあるならその理由を伝える、その上で彼にどうしてほしいのかを伝えましょう。

彼の人格を否定することは、彼のことが好きなあなた自身のことも否定することになります。好きな人の人格を否定することは、自分にとっても相手にとっても、ただただ悲しいことでしかないのです。

2. 過去のことを蒸し返す

喧嘩でイライラしていると、過去のイライラも思い出されることがありますよね。「前もこうだった」「あのときこうしてくれなかった」と、過去のことを蒸し返してしまうこともあるでしょう。

しかし、過去はすでに過ぎ去った出来事です。過去のことを持ち出して責めると喧嘩が長引き、彼との関係性を終わりへと導いてしまいます。

また彼氏からすると建設的な話し合いができないと感じるので、気持ちが冷めたり、余計に怒りが増す原因となりやすいのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter