大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 付き合ってるのに寂しい…《倦怠期を乗り越える》方法4つ
2022年07月27日更新

付き合ってるのに寂しい…《倦怠期を乗り越える》方法4つ

LINEの頻度を少なくしてみる

彼氏と倦怠期かもと思ったら愛情表現はしっかりしながらも、LINEの頻度を落としてみてください。
自分からのLINEはしなくてもいいくらいです。
男性は、自分から「彼女は今何しているかな?」と考える時に、相手の女性に対して愛情を感じるようなので、考える時間を与えることが必要なのです。
LINEをすればするほど、返事が遅い彼氏にイライラしたり、寂しくなったりして倦怠期を拗らせてしまいます。
倦怠期だと気がついたらとりあえずLINEを送るのを控える、それだけでも効果があります。

過去の楽しかった思い出を話す

倦怠期になると、どうしても「寂しい」とか「どうして連絡くれないの?」「もう好きじゃなくなった?」なんて重い話しになって、喧嘩に繋がりやすくなってしまいますよね。
倦怠期かもと感じたら、過去のラブラブだった時の動画や写真を彼氏に見せるのも倦怠期を抜け出すひとつの方法です。
「この時すごく楽しかったよね」とプラスの言葉を投げかけながら、二人で笑い合ってみましょう。
彼氏の中で「やっぱり彼女は大切な人」という気持ちが再び湧き上がってくるはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 付き合ってるのに寂しい…《倦怠期を乗り越える》方法4つ