大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百八十八回目。
2022年07月15日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百八十八回目。

それでも恋がしたいんだ!/西山繭子

 

私の【死ぬまでにやりたいことリスト】に新たに書き加えられたことがあります。

『馬に乗って野原を駆け回る』『スカイダイビングをする』『河童にきゅうりをあげる』といったおてんば系のなかに加えられた異色のリスト。それは『米兵と寝る』です。本当に自分で書いていて、どうしようもないなと思います。友人にそう話したところ「それはわりかしすぐに叶うと思うよ。だって誰でも良いんでしょ?」と言われました。そうか、確かに。そのあたりは明確にしておかないと後悔しそうだわ。

 

そこで私は、きちんと書き直すことにしました『アメリカ海軍パイロットと寝る』と。もう皆さんは最近、私が何を観たかお気づきのことと思います。そう36年ぶりに続編が公開された『トップガン マーヴェリック』であります!

この映画のすごいところは老若男女、観た人全員が「面白かった!」と声を揃えるところです。ここ最近、年齢を重ねて耐性がなくなったのか2時間を越す映画は、少し気が重いのですが、もうあっという間の130分!特に私は86年公開の前作を何度も観ているので、冒頭で『デンジャラス・ゾーン』が流れた瞬間に号泣。トムがバイクで走っては号泣。みんながビーチでアメフトをしては号泣。その話を2001年生まれの若者にすると「え?あの映画に泣きどころってあります?」と驚いており、隣で50代のマダムが「泣きどころしかないわよ!」とおすぎさんのようなツッコミを入れていました。

 

出演している若い役者さんたちも、皆魅力的なのですが、もう何と言っても、おトム!今年還暦のおトム!今回改めて思ったのは『トム・クルーズとはアメリカである』ということ。その昔、アンクル・サムがアメリカを擬人化したキャラクターだと言われていましたが、時はアンクル・トムの時代なのです。トム・クルーズという男は、みんなが求めているアメリカを体現し続けているのです。

 

その昔、六本木で行われた「ラスト・サムライ」のプレミア試写で私に「Hi!」と声をかけてくれたおトム。ミッションが全てポッシブルなおトム。彼と同じ時代に生きられる喜びよ。そして今回の映画で素晴らしかったことがもう1つ。それはヒロインがジェニファー・コネリーだったということ。

 

映画界では男がどんなに歳をとろうとヒロインは若い女というのが主流です。今回もヒロインがアンバー・ハートみたいなのだったら嫌だなと思っていたのですが、51歳のジェニファー・コネリーが演じていました。本当に綺麗でうっとり。髪をかきあげる仕草は、セクシーでバブリーでW浅野を彷彿とさせます。そして彼女を見ていて、私は重要なことに気づいたのです。年齢を重ねた女性の美の秘訣は、アゴにあると。ここ数年、自分のアゴがごつくなっていることに悩んでいます。このままいくと、2つに割れて、中からダンディズムが出てきそう。そうならないためにも、今、私がやるべきことは、アゴ活なのです。みなさん、美の秘訣はアゴにあり!みんなでアゴ活に精を出しましょう!

 

(西山繭子)

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百八十八回目。