大人女子のためのWebメディア
検索

恋愛上級テク!彼に嫉妬を《上手に伝える方法》3選

恋愛上級者!好きな人に嫉妬を《上手に伝える方法》3選

好きな人がいると自分自身嫌だなぁと思っていても、不意に湧き出てしまうのが「嫉妬」という感情です。でも、その嫉妬と上手に付き合えば2人の関係をもっとラブラブにすることができます。
この記事では、嫉妬の上手な伝え方について解説していきます。

イライラするときの上手な伝え方

彼に対してイライラするのは、何が原因でしょうか?
大体は、自分の思い通りに物事が進んでいない場合が多いのではないかなと思います。私以外の女性と仲良くしてイライラする、私をデートに誘わないのに友達とは飲みに行ってる。
いろいろ原因はあるでしょうけれど、こうしたイライラは嫉妬から生まれます。

ただ、イライラの感情をそのまま伝えると、ほぼ100%の男性はゲンナリします。
ではどうするかと言うと、「心配する」という表現を使うといいのです!「他の女の子と仲良さそうだから心配しちゃったよ!」と言う具合です。

可愛らしく伝えると、男性は萌える

男性は「嫉妬」よりも「ヤキモチ」ならOK!みたいな部分があります。
どう違うのかというと、これは男性のとらえ方もあるのですが、そのとらえ方を逆手にとれば「ヤキモチ」に変化します。

感情をそのままぶつけるとギラギラした嫉妬、可愛らしく伝えればヤキモチと言った具合です。「他の女性と仲良さそうだから心配しちゃう。私だけみててね♡」という伝え方をすると、ほとんどの男性は「可愛いなぁもう!」となりますよ。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter