大人女子のためのWebメディア
検索
2022年08月03日更新

境界線はどこ?男性が思う《一途》と《重い》の違いとは

境界線はどこ?男性が思う《一途な女性》と《重い女》の違いとは

男性は自分のことを一途に思ってくれる女性と一緒にいたいと思うものです。とはいえ、自分を縛り付けるような「重い女」はちょっと…と思っているはず。

「一途な女性」と「重い女」の違いとは何なのでしょうか。

自分を信頼してくれているかどうか

一途な女性は、付き合っている男性のことを根本的に信頼しています。相手のことをよく知っていて、その上で一途に思い続けているのです。

男性にとって、自分のことを深く理解し信頼してもらえることは安心感につながり、そのように思ってくれる女性に対しても信頼感を抱きます。お互いを信頼しあえる関係というのは長続きし、ストレスも少ないでしょう。

 

対して、男性の行動を逐一確認したり、スマホをチェックしたりといった、相手を信頼していないかのような行動を取る女性は「重い女」と思われてしまいます。

女性にとって、男性が自分のことを好きでいてくれているのか不安になるのは、よくあることかもしれません。しかし、あまりにも相手を疑ったり、試し行動をとったりすると、男性側は「信頼されていないな」と気持ちが冷めてしまいます。

言動に思いやりがあるかどうか

相手を一途に思うことは、相手の言いなりになることではありません。

一途な女性は、相手を思うからこそ意見も言いますし、自分から考えて行動もするでしょう。男性の振る舞いなどで気になることがあった場合、ただ意見を押し付けるのではなく、思いやりをもって指摘します。二人の関係を良好に維持していくために、また相手のために、発言したり行動したりする女性は愛されます。

 

相手の行動に不満があっても、それを相手に伝えず自分の中で溜め込んだり、逆に自分本位で問い詰めたりすると、その不満感が男性に伝わって「重いな…」と思われてしまいます。それは相手のためか?自分のためか?自分の言動を一度見直してみましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter