大人女子のためのWebメディア
検索
2022年08月06日更新

好きじゃない男性から告白された…うまく断る方法

好きじゃない男性からの告白!【相手との関係別】上手な断り方

告白されるのは嬉しいと思う反面、相手が好きじゃない男性だった場合は、どう断るべきか悩むことがありますよね。そこで今回は、男性との関係別に上手な断り方を紹介していきます。

1. 知らない男性から告白された場合

告白された相手が知らない男性である場合、好きか嫌いかを判断するのは難しいでしょう。

しかし、相手の態度や雰囲気に少しでも好意的なものを感じるのであれば、「まずは友達から…」と、現段階では彼氏としてお付き合いすることは断るというのも一つの方法です。今後の付き合い方次第では、恋愛対象になる可能性もあるからです。

 

一方で、恋愛感情が全くないのであれば、「気持ちは嬉しいです、でも…」と前置きした上でハッキリと断るのが良いでしょう。ただ、下手に相手を傷つけてしまうとしつこく迫られる可能性もあるので、断るときは失礼な態度にならないように注意しましょう。

丁寧な言葉でハッキリとNOを伝えることが大切です。

2. 同僚や友達から告白された場合

会社の同僚や友達など、近しい間柄の男性から告白されたとき、好きではない相手なら曖昧な返答はせずに断るようにしましょう。曖昧な断り方をすると、それまで良好な関係であったものがギクシャクしてしまう可能性もあるからです。「他に好きな人がいる」「すでに彼氏がいる」といった言葉が無難な断り方と言えます。

 

告白をしてきた会社の同僚や友達とは、今後も接する機会が多いはずです。

断るときは丁寧に理由を説明して、「これからも良い関係でいたい」ということを伝えることもポイントです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter