大人女子のためのWebメディア
検索
2022年08月10日更新

好き同士なのにナゼ?二人がカップルになれない理由

好き同士なのにナゼ?いつまでもカップルになれない理由

お互いに好き同士であれば、カップルになるのも時間の問題だと思いますよね。

でも実際は、両思いでもいつまでたっても友達のままでいる男女も多いのです。

両思いなのになぜカップルになれないのか、その理由を深掘りしていきます。

1. 恋愛に奥手、もしくはトラウマがある

周りから見てもあきらかに両思いなのにカップルになれないのは、お互いが恋愛に対して奥手だからというのが理由になっている場合もあります。特に、恋愛経験が少ないと、付き合うためにどのようにアプローチをすればいいのかわからず、カップルになるための一歩を踏み出せないのです。

 

また、過去の恋愛で失敗した経験から、恋愛に消極的になっていることもあります。

特にカップルになってから関係がギクシャクしてしまった経験がある場合、相手が好きでもカップルになるため積極的に行動することができないことがあるのです。

2. 友達の期間が長すぎた

友達の期間が長すぎると、好き同士であってもカップルにはなれないことがあります。

友達の期間が長いと、恋愛感情よりも友情や親愛の気持ちが強くなってしまいます。そのため友達同士の関係が、二人にとって心地よい距離感になることもあるのです。

 

ただ、好きな男性と友達の関係に落ち着いてしまったからと、諦める必要はありません。10年以上の交際期間を経てから結婚するカップルがいるように、友達として長く付き合った二人でも、きっかけさえあれば一気に恋人へと関係が進展するパターンは珍しくありません。

 

彼との関係に居心地の良さを感じているのであれば、今は焦らずに友達のままでいるのも選択肢のひとつです。縁があれば自然とカップルになれるはずなので、流れに任せてみるのも悪くありません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter