大人女子のためのWebメディア
検索

「実は嬉しい♡」好きアピールに喜んでいる男性のサイン

「実はめちゃめちゃ嬉しい♡」好きアピールに喜んでいる男性のサイン

好きな男性にアピールをしたとき、相手が素直に喜びの感情を出してくれるとは限りません。特に男性は、照れから喜びの感情を隠そうとする傾向があります。その態度は、「迷惑だったかな…」とこちらを不安にさせるものもあるでしょう。

しかし、表に出さないだけで、内心は喜んでいる場合が多いのも事実です。そこで今回は、男性が好きアピールに喜んでいるときのサインを紹介していきます。

1. 目を合わせなくなる

女性から好きアピールをされた男性は、目を合わせようとしなくなることが多いです。目を合わせてしまうと、喜んでいることがバレてしまうため、恥ずかしく感じるからです。

また、目を合わせたタイミングで赤面したり、顔がニヤけてしまうのはカッコ悪いと思い、目を合わせるのを避けるパターンもあります。

好きだと言われて、特に嬉しく思っていなかったり、社交辞令として受け取ったりした場合は、そのようなことにはならないでしょう。

2. 急によそよそしい態度になる

男性に好きアピールをしたときに、相手が急によそよそしくなった場合は、内心喜んでいる可能性大です。嬉しく思っていることを表に出すのを隠すために、逆に素っ気ない態度になってしまうパターンです。

どうでもいい相手であれば、わざわざ態度を変える必要はありません。態度が変わるということは、好きアピールをされて意識している証拠です。

また、彼自身は喜んでいる自覚がなく、無意識でよそよそしい態度になってしまうことも、このパターンには多いでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter