大人女子のためのWebメディア
検索
2022年08月14日更新

聞き上手な女性に学ぶ!男性との《会話が弾む相槌》3つ

聞き上手な女性に学ぶ!会話が弾む《相槌パターン》3つ

聞き上手な女性は、ただ単に話を聞いているだけではありません。話が盛り上がるように相槌にも気を配っています。そのため話している側は、聞き上手な女性との会話を「話しやすい」「楽しい」と思うことが多くなります。
今回はそんな、聞き上手な女性たちが取り入れている相槌の仕方を紹介していきます。

1. オウム返しをする

オウム返しは、最も気軽に取り入れやすい相槌のひとつと言えるでしょう。

例えば、相手が「こないだ、ひさしぶりに実家に帰ったんだよね」と言った場合は、「実家に帰ったんだね」などのように、文章の言葉尻を捉えて返します。「そうなんだ」「へぇ」などといった返し方に比べ、よりしっかり聞いている印象を与えることができるでしょう。

どう言葉を返したら良いのかわからない、会話が苦手という人は、まずはオウム返しからチャレンジしてみましょう。ただ、オウム返しばかりを繰り返していると、相手に不快な思いをさせてしまう場合もあります。他の相槌パターンも交えながら、効果的に取り入れるようにしましょう。

2. 共感する言葉を使う

「それは大変だったね」「私もそう思うよ」など、相手に共感する言葉は、上手な相槌をするために欠かせません。自分が体験したことのないようなことでも、相手の立場に寄り添った言葉を選ぶようにしましょう。

共感する言葉を使った相槌は話しやすい雰囲気を作り出し、相手を「自分の味方になってくれている」「自分のことをわかってくれている」という気持ちにさせることができるでしょう。相槌をするときは、悲しそう、嬉しそう、楽しそうなど、そのときの気持ちに表情を合わせることも大切です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter