大人女子のためのWebメディア
検索
2022年08月18日更新

会えないときもアピール♡LINEで甘い雰囲気を作るコツ

会えなくてもアピれる♡《LINE》で甘い雰囲気を作るコツ3つ

いい感じの男性がいる場合、会っているときだけでなく、会えないときでもアピールができると、二人の関係はグッと深まりますよね。そこで活躍してくれるのが、LINEです。LINEはうまく使えば、甘い雰囲気を作り出すことができますよ。

しっかりとあなたの存在をアピールできるように、LINEで甘い雰囲気を作るコツをチェックしてみてください!

1. ハートの絵文字を使う

LINEで甘い雰囲気を作るときに便利なのが、ハートの絵文字です。直接的でわかりやすいハートを使うことに照れや抵抗を感じる場合は、キャラクターから小さくハートが飛び出ているような絵文字を選んでみましょう。

たとえば、猫の目がハートになっているとか、ウサギの耳のあたりでハートがゆらゆらしているようなものです。メッセージにハートが入るだけで、雰囲気は一気に甘くなるでしょう。

2. 「おやすみなさい」が言える時間にLINEする

「おはよう」や「お疲れさま」は誰もが使う挨拶なので、インパクトは薄いです。しかし、挨拶の中でも「おやすみなさい」は、どこか特別感があります。パジャマに着替えてベッドで言っているような雰囲気がありますし、もうその日は他の誰とも会話しない、というような独占欲を刺激される雰囲気もあります。

そのため、夜の時間帯にLINEをするなら、おやすみなさいが言える時間を狙いましょう。「おやすみなさい」の言葉には、そこで会話が終わってしまう切ない雰囲気もあるので、LINEがスイートな雰囲気になるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter