大人女子のためのWebメディア
検索
2022年09月03日更新

注意!共依存カップルが陥りやすいトラブルの対処法

注意!共依存カップルが陥りやすいトラブルの対処法

共依存とは、人が過剰に依存し合い、その関係に囚われている状態を意味します。恋愛では無自覚に共依存に陥ることが多いため、注意しなくてはいけないでしょう。

共依存カップルになってしまえば、お互い好きなはずなのにトラブルが絶えず、一緒にいることが苦しく感じられたり、周りに被害が及ぶ可能性もあるので気をつけなくてはいけません。今回はそんな、共依存カップルが陥りやすいトラブルと、その対処法を解説していきます。

1. 相談できる第三者を大切にする

共依存カップルは、パートナーとの時間を何よりも最優先する特徴があります。恋人や夫婦が、共に過ごす時間を大切にするのは悪いことではありませんが、先約をキャンセルしてまで相手と過ごそうとするのであれば、それは危険な状態です。そのようなことを繰り返していると、周囲からの信用を失い人が離れていき、共依存を加速させてしまいます。

困ったときに頼れる相手がパートナーだけになると、相手に嫌われないために自分を押し殺してしまうことが増えるでしょう。そうならないためにも、パートナーとの関係を相談できる第三者との関係を大切にしましょう。二人の関係を客観的に見られる相手がいると、気持ちを切り替えられるようになります。友達や家族など、彼氏以外にもあなたを思ってくれる人がいることを忘れてはいけません。

2. 相手からの理不尽な要求に応えない

共依存カップルは、相手がいないと生きていけない…と強く思い込んでしまう傾向があります。そのような過度な思い込みから、「相手から見捨てられたらどうしよう」という恐怖心を抱えるようになります。

その結果、どんな理不尽な要求も飲んでしまうようになるのです。今の関係を失うくらいなら我慢すれば良いと思い、とりかえしのつかないトラブルに見舞われてしまうこともあります。相手ではなく、まずは自分を大切にする意識を持つことが、共依存から抜け出す一歩になります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter