大人女子のためのWebメディア
検索
2022年09月06日更新

彼氏と一緒にいないと不安…依存から抜け出す方法

いつも一緒にいないと不安…《彼氏依存》を卒業する方法

彼氏に会えないと、不安を感じることってありますよね。でもその不安な状態がいつも続くようであれば、彼氏に依存しているのかもしれません。彼氏の気分や行動次第で自分の気持ちが左右されるようであれば、危険な状態と言えるでしょう。

今回はそんな、彼氏依存を卒業するための方法について解説をしていきます。

1. 思い込みを捨てる

彼氏依存に陥りやすいのは「私って彼氏に依存しちゃうタイプなんだよね」「彼氏とはいつも一緒にいなきゃ嫌」と、自覚していたり、周りに話していたりするタイプの人です。

実は、「私って○○なタイプ」と自覚していたり、周りに話していたりする人は、そこから抜け出しづらくなる傾向にあります。

たとえば、「私って人見知りなんです」と口にしている人は、自分の言葉によって人見知りな性格を増長させている可能性があるのです。

 

彼氏依存から抜け出すには、「自分は彼氏がいなくてはダメ」「彼氏に依存するタイプ」という思い込みを捨てることが大切です。思い込みを捨てることができれば、「意外と一人でも平気かも!」と、新たな自分に気づけるかもしれません。

2. 積極的に友達と仲良くする

彼氏に依存しないためには、彼氏以外の友達の存在が重要です。親友が一人いれば充分という人もいるかもしれませんが、彼氏依存から卒業するには、複数の友達と付き合うことをおすすめします。

仲の良い友達が一人しかいないと、今度はその友達に依存しがちになったり、その友達が忙しいとすぐに彼氏に気持ちが集中しやすくなったりしてしまいます。

 

もちろん、一人でも楽しく過ごすことはできますが、さまざまな人と付き合うことで、人間関係を築くスキルも高まりますし、視野も広がります。数人くらいでいいので、気があって楽しく過ごせる友達を増やしておきましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter