大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 興味はあるけど怖い…マッチングアプリで危険を避けるには?

興味はあるけど怖い…マッチングアプリで危険を避けるには?

興味はあるけど怖い…マッチングアプリで危険を避けるには?

「最近、マッチングアプリで出会って付き合ったり、結婚したりする人が周りにも増えている。でも、やっぱりネット経由の出会いって怖い」そんな風に感じている女性は少なくないでしょう。

今回は、マッチングアプリを利用してみたいけど、一歩を踏み出せずにいるという方に、利用する際の心得を解説していきます。

怖い、を大切に

マッチングアプリの利用がなんだか怖い、という感覚を大切にしましょう。

マッチングアプリを利用して幸せな結婚をしたり、素敵な恋人ができたりしている人は少なくありません。ですが一方で、騙されたり、怖い思いをしたり、犯罪に巻き込まれたりしている人も少なくないのです。

ハイリスク、ハイリターン、それがマッチングアプリなのです。

 

マッチングアプリの利用に慣れてくると、自己防衛を怠りがちです。これから利用する方は、マッチングアプリの利用はリスクが高く、怖いものなので自己防衛をするべき、という意識を忘れないでいただければと思います。

 

マッチングアプリの利用による被害の一例を挙げると、

・結婚を前提に付き合っているつもりが、相手は既婚者だった

・真剣に交際しているつもりが、二股、三股をかけられていた

・アプリで出会って交際を開始したはずが、相手はアプリを止めていなかった

・仕事や名前など、すべて嘘を教えられていた

・付き合っているつもりが、相手はビジネス目的(ネットワークビジネス、ホストなど)だった

・デートの際、飲み物に薬を入れられ、犯罪の被害にあった

・既婚者と知らずに交際をし、怒りから「家族にばらす」と言ったら、殺傷事件になった

などがあります。

 

経歴査証や、二股、知らない間の不倫といった被害だけではなく、犯罪の被害にあう可能性もあるのがマッチングアプリなのです。

リスクを回避するためにしっかり対策をしよう

こういったリスクを回避するために、しっかりと対策をしておきましょう。

とりうる対策としては、

・合コン形式にして、友だち数名と会う

・初対面~数回目のデートまでは、お茶やランチなどにしておく

・人目がある場所で会う

・免許証や名刺、社員証など身分がわかるものを提示してもらう(しかし偽造の場合もある)

・飲み物は飲み切ってから席を立つ(飲み物に薬などを入れられることを避けるため)

・相手のテリトリーではなく、自分のテリトリーで会う

・本名がわかっている場合は、ネットで検索をかける(Facebookなどで検索し、事前に既婚者だと判明する場合もある)

・お金を貸さない

などが考えられます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 興味はあるけど怖い…マッチングアプリで危険を避けるには?