大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 褒めてくれるけど…男性の「社交辞令」と「本気」の違いとは
2022年09月22日更新

褒めてくれるけど…男性の「社交辞令」と「本気」の違いとは

褒めてくれるけど…男性の「社交辞令」と「本気」の違いとは

外見でも内面でも、男性に褒められるときってありますよね。褒められるのは嬉しいものですが、どこかで「社交辞令かな?」「本気なのかな?」と気になってしまうもの。
今回は、男性が褒めたときの社交辞令と本気の違いについて、解説をしていきます。

社交辞令は一言だけで終わる

男性が相手を社交辞令で褒めている場合、褒めるフレーズは一言だけで終わります。そこから言葉が続いていくことはないため、わかりやすいかもしれません。

本気の場合は、「ありがとうございます」と返した後も、「いや、本当にすごいですよ」「お世辞じゃなくて、心からそう思ってるんです」なんて次々に言葉が続くでしょう。いかに褒めたいと思っているか、相手の感情が見えてくるはずです。

基本的にはいつも本気で褒めている

男性は社交辞令で相手を褒めることもありますが、基本的にはいつも本気で褒めています。男性は、すごいと思っていないことをすごいと褒めるなど、社交辞令に抵抗を感じる傾向があるからです。

相手を褒めようと感じたときは、きちんと褒められる部分を探してから褒めるため、全くの嘘を言うことはないと思って良いでしょう。「可愛い」と言われたのであれば、その男性にとって何かしら可愛いと思える部分が、あなたに本当にあったのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 褒めてくれるけど…男性の「社交辞令」と「本気」の違いとは