大人女子のためのWebメディア
検索
2022年09月13日更新

夫と心の距離がある…「結婚しても孤独」を解消する方法

夫と心の距離があって辛い…「結婚しても孤独」を解消する方法

そしてお姫様は結婚し、いつまでも幸せに暮らしました。めでたしめでたし……なんてなるのはディズニー映画くらいです。最近はディズニー映画ですら、結婚後の幸せを保障してくれません。

現実ではなおさら、シビアな結婚後が待っています。結婚したら独身時代より幸せになれる、なんて幻想にしか過ぎない場合が多いのです。結婚しても、寂しかったり、独身時代より孤独を感じたりするケースも多々あります。

今回は、結婚した後の孤独を解消するヒントをご紹介していきます。

結婚=幸せ、の幻想をはぎとる

まず、結婚しても寂しさが埋まらないのは当たり前だと認識しましょう。

「結婚したら幸せになれるはず」「孤独がやわらぐはず」という思い込みがあるからこそ、「結婚したのに寂しい」「この結婚は失敗!?」なんてネガティブな方向に考えてしまうのです。

 

思い込みを外してみましょう。

結婚という制度ができた理由には所説あります。税金をとりやすくするためとか、家父長制を維持する装置だという人もいます。

今、政府が結婚を推奨しているのは、明確に少子化解消のためです。

決して、一人ひとりの幸福度を底上げしようとか、孤独を解消しようという理由のために結婚が推奨されているわけではありません。

 

結婚という制度には、様々な思惑と幻想が張り付いています。その幻想を強化してきたのが、少女漫画や映画、おとぎ話などのフィクションです。

生まれたときから刷り込まれてきた幸せの物語をはぎとるのは簡単なことではありません。ですが、幻想をはぎとることができたなら、「結婚したのに孤独を感じる」という悩みは消え去るでしょう。

 

結婚したら孤独ではなくなる、という思い込みに、なんの根拠も合理性もないのです。孤独は、結婚してもしなくても、一生付き合っていかなければならない感情です。

腹を割って話せる人を見つける

パートナーとの間に心の距離を感じている場合は、話し合いの時間を設けてみましょう。心をさらけ出して語ることができれば、寂しさや孤独は薄まります。

孤独は自分で処理しなければならない感情ですから、パートナーにぶつけてしまっては、関係はうまくいきません。パートナーと話し合う場合は、「こうしてほしい」という願望を押しつけすぎず、まずは「私は今、こう思っている」と気持ちを共有することにとどめておきましょう。

 

パートナーとそういった関係を築くことができないのならば、友だちなど、別の人との間にそういった関係を築くことを検討してみましょう。

友だちにも話せないことが多いという場合には、カウンセリングなどを検討してみるのも一案です。保険適用ではないカウンセリングは、一回1万円程度と高額な場合が多いですが、すべてをさらけ出せる相手を確保することで、心の平穏が保たれる可能性は多々あります。

マイナスの感情をカウンセリングで整理し、心穏やかに日常生活を過ごすことで、パートナーとの関係が改善する可能性もあります。

 

大切なのは、寂しい気持ちを溜め込みすぎないことです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪