大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ケンカ前よりラブラブに♡二人の絆が深まる「ごめんね」の伝え方
2022年09月20日更新

ケンカ前よりラブラブに♡二人の絆が深まる「ごめんね」の伝え方

ケンカ前よりラブラブ!二人の絆がグッと深まる「ごめんね」の伝え方

大好きな彼と喧嘩しちゃったけど、素直に「ごめんね」が言えない…。そんなふうに、彼と喧嘩をした後に上手く仲直りができないと悩む女性は意外と多いです。今回はそんな女性のために、彼との絆がグッと深まる、「ごめんね」の伝え方を3パターンご紹介します。

「好きだから怒っちゃった」と気持ちを伝える

カップルが喧嘩してしまう原因に、好きだから、相手を思っているあまりに言い過ぎてしまったというケースはとても多いですよね。でも、この「好きだから、つい怒ってしまった」という気持ちをきちんと伝えておかないと、相手には怒った理由がよくわからないまま険悪になってしまう可能性があります。

相手が好きだから、もっと自分のことを分かってほしくて怒ってしまった。相手のことが大切だから、できることはやってほしいと思って言い過ぎてしまった。というように、彼のことを考えた上で怒ってしまったことを伝えて謝ってみてください。

「自分のことをこんなに考えてくれていたんだ」というのがわかると、彼も謝罪の言葉を受け入れやすくなります。

手を握りながら「ごめんね」を伝える

彼と仲直りをしたいときは、「ごめんね」と伝えるときに相手の手を握ってみてください。ただ言葉で「ごめんね」や「もうしないよ」と言うだけよりも、ギュッと手を握りながら伝える言葉の方が何倍も彼の心に響くはずです。気持ちと一緒に、手にも力を込めるのがこの謝り方の最大のポイント。

手を握る以外にも、横並びになってもたれかかったり、背中合わせの状態で謝ったりというパターンもアリです。謝罪の言葉を伝えるときは、体のどこかが触れ合った状態で、相手の温もりを感じながら伝えることを意識すると、仲直りしやすくなりますよ。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ケンカ前よりラブラブに♡二人の絆が深まる「ごめんね」の伝え方