大人女子のためのWebメディア
検索

初デートでは「聞き手」と「話し手」どっちになるべき?

【初デート】「聞き手」と「話し手」どっちになるべき?

初めてのデートはドキドキして緊張するものですよね。特に、「沈黙が続かないようにしなくちゃ」「何を話せばいいのかな」など、うまく会話できるのか不安になることが多いでしょう。会話のキャッチボールができるのが理想ですが、初デートではなかなかスムーズにはいかないのが現実です。それならば、聞き手と話し手を意識して会話をするといいかもしれません。
今回は、初デートでは聞き手と話し手どちらに回るべきかを深掘りしていきます。

女性が聞き手のときの男性の印象

聞き上手であることは、モテる女性の特徴ですよね。初デートで聞き手になれば、男性は「自分の話を聞いてくれる優しい女性」といった印象を持つでしょう。

女性としての優しさや、癒やしの魅力が彼に伝わって、好印象を持たれる可能性が高いです。 ただし、物静かな女性といった印象も持たれることにもなり、あなたの考えていることが彼に伝わりにくいデメリットもあるでしょう。

女性が話し手のときの男性の印象

先述したように、聞き上手はモテる要素にもなりますが、自分が話し手に回ることでも男性に好印象を与えることはできます。初デートで話し手になれば、自分のアピールポイントを話すことができるので、彼に魅力が伝わりやすいでしょう。

また、話し手になれば、彼に質問することもできるので、二人の共通点も見つけやすくなるでしょう。ただ、話題を作らないと…と気負いすぎてストレスになる場合もあるので、無理はしないようにしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter