大人女子のためのWebメディア
検索

【シーン別】嫉妬を《可愛いヤキモチ》に変える方法

【シーン別】嫉妬を《可愛いヤキモチ》に変える方法

嫉妬は時に恋愛のスパイスになりますが、度を超すと毒になってしまうことも多いですよね。そうならないためにも、強い嫉妬の感情は出し方を工夫して、可愛いヤキモチに変換させましょう。

彼が、「ヤキモチ焼いて可愛いな」と思ってくれれば、二人の仲を深めるきっかけにもなります。今回は嫉妬してしまうシーン別に、可愛いヤキモチに変える方法を紹介していきます。

1. 他の女性と仲良くしていたとき

彼が自分以外の女性と仲良くしていたら、嫉妬の炎がメラついてきますよね。

そんなときこそ、まずは深呼吸をして冷静になりましょう。多くの場合、彼にとってその女性は、恋愛対象外でしょう。昔馴染みの友だちかもしれませんし、仕事関連の知り合いかもしれません。どちらにしても、彼が大好きなのは自分だけであると思い出しましょう。

 

どうしても黙っていられないときは、「なんかヤキモチ焼いちゃった!美味しいご飯食べにいこうよ〜」と冗談っぽく伝えて、話題を逸らすのにデートに誘っちゃいましょう。

嫉妬の感情でも、素直に可愛く伝えること、そして違う話題を出すことで、相手に重さを感じさせません。「何それ、どういうこと」と、彼氏は笑って受け流してくれるでしょう。また、内心では「焼いちゃって可愛いな~」と感じて、彼女への愛情が増しているはずです。

2. 過去の恋愛に嫉妬したとき

大人になれば、お互いに過去にも恋愛をしているでしょう。それでも、彼氏の元カノや好きだった女性の話を聞いたり見たりしてしまうと、気持ちがモヤつきますよね。彼の過去の恋愛に嫉妬したときは、自分にも元カレや好きな人がいたことを思い出しましょう。

 

しかし、現在あなたが好きなのは彼氏だと思えるように、彼氏も今好きだと思っているのはあなただけです。どうしても我慢できないときは、「私だって好きな人いたもん」と拗ねてみると、彼に気持ちが伝わるかもしれません。

ここで過去の女性の話を根掘り葉掘り聞いてしまうと、嫉妬が一気に重くなるので注意しましょう。あえて自分の話題を軽く出すことで、可愛いヤキモチになるよう方向転換を図りましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter