大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 旦那がダサい!少しでもオシャレになってもらう方法とは?
2019年09月12日更新

旦那がダサい!少しでもオシャレになってもらう方法とは?

旦那がダサい!

出掛ける時は常にヨレヨレのTシャツにジーンズ。もしくは旦那なりのこだわりがあるけれど、それがめちゃくちゃダサい場合。隣を歩くのが恥ずかしいですし、「もう少し何とかならないの?」と思いますよね。

 

しかし前者の場合は「俺、洋服に興味がないから」「これくらいクタクタな方がちょうどいいんだよね」と言い出しかねないですし、当然後者はこだわりが強いため、たとえ似合っていなくてもやめようとはしません。

ではどうしたら旦那に少しでもオシャレになってもらえるのでしょうか?

最近の流行を提示してみる

旦那がダサい!

ムリに趣味じゃない服をすすめるより、あえてトレンドを話題にしたほうが「こんなのがあったなんて知らなかった!」と興味を持ってもらえる可能性があります。

 

たとえばファッション雑誌やネットを見ているときに、さりげなく「最近こういう服が流行っているらしいよ!」「あなたにも似合いそうじゃない!?」と言ってみるとか。

 

彼が好意的に受け取ってくれたのであれば、サプライズとしてプレゼントすることもできるでしょう。

旦那好みだけど、主張が少ないものを選んでみる

旦那がダサい!

ファッションがダサくなってしまう理由として、「全身の主張が激しい」ことが挙げられます。たとえばいくらハイブランドでも、頭からつま先まで全身ロゴだらけだったら、それは「ダサい」に分類されてしまいますよね。

だからこそ旦那好みのテイストではあるけれど、やや主張抑えめなものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

仮にもし旦那が大きめスカルをチョイスするのが苦手であれば、さりげないワンポイントなものをあげるとか。

さらに旦那が着てくれた際には、「こういう感じも似合うじゃん!」と褒め倒しましょう。

 

旦那も決して好みとは真逆ではないからこそ受け入れやすいですし、「俺のために選んでくれたんだな」と前向きにとらえられるはず。最初は物足りなさを感じても、徐々に慣れてくれるかもしれません。

子どもに意見を言ってもらう

妻に言われるよりも、子どもに言われたほうがグサッとくることも。

もし子どもも同様に旦那の格好をダサいと思っているのであれば、ビシッと意見を言ってもらいましょう。

 

「いつまでもカッコいいお父さんでいたい」と思っている男性は多いので、案外素直に受け入れてくれるかも。

「じゃあお父さんにはどんな格好が似合う?」と、子どもとの会話も広がるでしょう。

 

 

「その格好ダサいから変えてよ」とダイレクトに言ってしまうと、かえって頑なにイメチェンを拒否される恐れもあります。

だからこそ旦那のプライドを傷つけないよう、うまく手のひらで転がしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 旦那がダサい!少しでもオシャレになってもらう方法とは?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。