大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • これぞ後悔しない婚約!お互いに納得する「2人の将来」の決め方...
2019年10月14日更新

これぞ後悔しない婚約!お互いに納得する「2人の将来」の決め方!

これぞ後悔しない婚約!お互いに納得する「2人の将来」の決め方!

婚約した後「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためには、しっかり2人の将来を見据えておく必要があります。そこでこの記事では、お互いが納得する将来の決め方を解説します。

生活に必要なお金のことについて話し合う

2人で生活していくときに決めなければならないことの1つが生活費に関してです。どちらか1人が生活費を出したり、2人で割合を決めて負担したり、完全に折半したり、さまざまな方法があります。

 

なんとなくなし崩し的にやりくりしていると、分担の不公平さなどが気になり始め、不満に繋がっていく可能性もあります。お金に関しては細かいところまでしっかり話し合っておいた方がよいでしょう。

家族計画について方向性を決める

子どもをつくるかつくれないかに関しても、夫婦で意見が割れる可能性がある部分です。2人の意見が一致しないまま結婚すると、遅かれ早かれかなり高い確率で行き詰ります。子どもをつくるか、つくるとしたらどのような時期で何人くらいかなど、家族計画について話し合い、2人とも納得した状態で婚約することが大切です。

お互いの家庭での役割を決める

どちらかが働いてどちらかが家事などに専念する家庭や、共働きの家庭など、現在はさまざまな形の家庭があります。ただし、例えば結婚後は専業主婦になって欲しいという男性と、結婚後もこれまで通り働き続けたいという女性が、折り合わないまま結婚をすると意見の違いでケンカや衝突が起こり、結婚生活を継続させることが難しくなるかもしれません。

 

また、何の家事をどちらがやるかもケンカの原因になりやすい部分です。お互いに協力の精神をもちながら、しっかり生活スタイルを決めておきましょう。

親との同居の有無を決める

親と同居するかしないかも、婚約の前にはっきりさせておくべき事柄です。配偶者との仲は問題なくても、同居の父母・義父母との関係がうまくいかず、離婚につながるという事例は少なくありません。

 

2人だけでなく、家族を巻き込んだ問題にもなりかねないため、どちらか一方の意見で押し切るのではなく、2人とも心の底から納得できるような形にすることが大切です。また、結婚後に状況が変わった場合も、決して単独で判断せず、お互いに意見を交わし、じっくり話し合う必要があります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • これぞ後悔しない婚約!お互いに納得する「2人の将来」の決め方...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。