大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • いざ決まってから焦らない!婚約〜結婚の賢いダンドリって?
2020年01月09日更新

いざ決まってから焦らない!婚約〜結婚の賢いダンドリって?

婚約から結婚までは、嬉しい反面やることが山のようにあって混乱しがちですよね。今後の夫婦仲を良好に保つためにも、ちょっとしたコツを頭に入れて、結婚式までスムーズに進めていきましょう!

両親へのあいさつは早めに!

両親へのあいさつが遅れたせいでこの後の段取りがうまくいかなくなることも少なくありません。例えば、二人だけで式の準備を進めていてもお互いの両親からの希望があとで分かると、初めから考え直しになってしまいます。反対に両親へのあいさつを早い段階ですませたおかげでトラブルなく準備が進むことがあるのです。むしろ協力してくれる、なんてこともあるかもしれません。

 

まずは早めにお互いの両親に結婚する旨を伝えましょう。そして両家の顔合わせはいつにするのか、結婚式に呼びたい人やその日時などを考えておいてもらいましょう。そうするとどの程度の規模の結婚式になるのか、いつごろ式を挙げれば良いのかといった大まかなスケジュールが立てやすくなりますよ。

指輪の用意は2、3ヶ月の余裕を

プロポーズのときすでに男性が用意していることもある結婚指輪ですが、サプライズで用意しているとサイズが合わないこともありますよね。そんなときのお直しを考えると、指輪の用意には予想以上に時間がかかることを頭に入れておきましょう。

 

少なくとも二、三ヶ月は余裕を持って準備しておくことが、当日までに焦らないためには大切です。もしもフルオーダーメイドにするなら、手直しも含めて必要になる日の半年前には注文しておきましょう。

結婚式場は1年前から探しておこう

意外と手間取ってしまうのが、結婚式場の手配です。ドレスの持ち込みが可能かどうか、ゲストを余裕を持って招待できるか、料理が好みかどうか、一生に一度の素敵な結婚式のためには考えておきたいことがたくさんありますよね。

 

時期によってはそもそも結婚式を挙げたい人がたくさんいることで予約がなかなか取れないなんてことも。式場探しは結婚式を挙げる予定の一年前くらいから始めて、式当日の半年前には決定しておくとスムーズに行くことが多いです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • いざ決まってから焦らない!婚約〜結婚の賢いダンドリって?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。