大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 30歳過ぎの結婚式におすすめ!オトナ花嫁がやって良かった粋な...
2020年03月06日更新

30歳過ぎの結婚式におすすめ!オトナ花嫁がやって良かった粋な演出3選

30過ぎの結婚式におすすめ!オトナ花嫁がやって良かった粋な演出3選

華やかでフレッシュな雰囲気の結婚式も良いですが、30代以降の結婚式はオトナの雰囲気を出せると素敵ですよね。そこで、ゲストに粋な結婚式だったと感じてもらえると好評なオトナの演出を紹介します。

新郎新婦と歓談できる演出を

披露宴でのスピーチやゲーム、余興などの数々の演出は、ゲストを楽しませてくれるものです。ですが、オトナ婚を目指す場合には、このような演出は少し詰め込みすぎて幼く感じてしまうかもしれません。

オトナ花嫁がするべき演出は、ゆったりと流れる時間のなかで、ゲストと新郎新婦が歓談できる空間をつくることです。例えば、あえて上座を作らずに、新郎新婦を囲むような席にして、新郎新婦と話しやすい雰囲気をつくったり、立食形式の披露宴にして新郎新婦や他のゲストと気軽に話せる空間づくりをしたりすることが考えられます。

生演奏にこだわることで高級感アップ

結婚式で流すBGMは、ゲストも楽しみにしている演出の一つです。結婚式の様々な場面でポップな曲やバラードを流すことで、主役の二人はもちろん、ゲストの気持ちも盛り上げてくれます。

このBGMをオーケストラなどに生演奏でしてもらうことで、一気に結婚式が格上げされ高級感がでます。ゲストが結婚式会場に入場するときに、生演奏で出迎えられるとそれだけで特別感がありますよね。楽器の生演奏となると、高額なイメージがあるかもしれませんが、ホテルと契約しているバンドに依頼すると格安で生演奏を依頼することができますよ。オーケストラの他に、生歌の演出も素敵です。まるでコンサートに来たかのような雰囲気で、ゲストを楽しませてくれるでしょう。

ゲストと一緒に作る

お酒のおいしさを知っているゲストが増えてくるオトナ婚では、参加者全員での「果実酒づくり」も思い出に残る演出となり好評です。

やり方は簡単です。事前に、ゲスト席には様々な果実を準備しておきます。新郎新婦は、シャンパンなどのお酒が入った大きな瓶をもって、各テーブルをラウンドします。新郎新婦は、ゲストに感謝の言葉や思い出話をしながら瓶に果実を入れていってもらいます。すべてのテーブルで果実を入れ終わったら、全員参加でつくられた果実酒が出来上がります。見た目もきれいで、ゲスト参加型の演出なので全員が楽しむことができますよ。

大切なことはおもてなしの気持ち

若い時は、自分が主役ということを前面に出しても大目に見てもらえるでしょう。ですが、オトナ婚では周囲に対する感謝の気持ちやおもてなしの気持ちを持つことが大切になります。

ゲストがゆったりと楽しい時間を過ごしてもらうことを念頭において演出を考えると、きっと素敵な結婚式になるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 30歳過ぎの結婚式におすすめ!オトナ花嫁がやって良かった粋な...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。