大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月27日更新

知りたい!ダブル不倫のメリット・デメリット

相手も既婚男性なら安心して遊べる?知りたいダブル不倫のメリット・デメリット

ダブル不倫は一方が独身な場合の不倫より、安心だと聞いたことがあるかもしれません。既婚男性が相手なら、安心して遊べると考えている既婚女性もいるでしょう。そこでダブル不倫のメリットとデメリットを紹介します。

関係を続けやすい!

ダブル不倫のメリットは、「お互いの気持ちが理解できるので、関係を続けやすい」という点です。結婚生活を送りながら、仕事や趣味を持ち、さらに不倫相手と付き合うのは、大変なことで、不倫相手がとても忙しいということを、お互いが知っています。

そのため、デートをドタキャンされたり、しばらく会えない時間があっても、「そういうこともあるだろう」と理解することができます。

相手が置かれている立場を尊重できる二人が恋愛をするため、ケンカなどになりにくく、不倫関係を続けやすいというメリットがあります。

泥沼になりにくい!

ダブル不倫の二つ目のメリットは「泥沼になりにくい」という点です。女性が家族を持っていて、男性が独り身の場合は、「不倫相手ばかり、幸せなのはずるい」と思ったり、不倫相手のパートナーに強いやきもちを焼くことがあります。逆の場合も同様です。そのネガティブな感情のため、不倫相手に離婚を迫ったり、不倫相手のパートナーに無言電話をかけて嫌がらせをするような行為に及ぶこともあります。

ダブル不倫をしている二人は、お互いがそれぞれに大切な家族を持っていて、逢瀬の時間が終わった後、帰る場所があります。不倫相手とは割り切った付き合いをしているため、ネガティブな感情を持つこともなく、泥沼になりにくいでしょう。

デメリットは「ばれやすい」こと!

ダブル不倫のデメリットは「ばれやすい」という点です。ダブル不倫の場合は、男性の妻、女性の夫が、不倫行為に気付く可能性があります。片方が不倫をしているケースよりも、単純に「2倍ばれやすい」と言えます。

自分がパートナーにばれないように気を付けていても、不倫相手がルーズな場合は、不倫相手のパートナーにばれてしまい、そこからダブル不倫が発覚してしまう可能性があります。

また自分のパートナーは大雑把な性格で、浮気に気付けないタイプだとしても、不倫相手のパートナーは勘の鋭い人かもしれません。不倫相手の子供が疑り深い性格ということもあります。このようにダブル不倫は、普通の不倫より、ばれやすいと覚悟する必要があります。

割り切った関係を楽しめるが発覚しやすい!

ダブル不倫は、互いが相手の立場を尊重し合えるため、関係を続けやすいというメリットがあります。また泥沼になりにくく、割り切った関係を楽しむこともできます。

ただし、ダブル不倫は、互いのパートナーや子供の目があるため、普通の不倫に比べて、2倍ばれるリスクがあることを知っておきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。