大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • いつも一緒 vs 一人行動が好きな夫婦の組み合わせ。どうすれ...
2020年05月13日更新

いつも一緒 vs 一人行動が好きな夫婦の組み合わせ。どうすれば上手くいくの?

いつも一緒VS一人行動が好きな夫婦の組み合わせ。どうすれば上手くいくの?

いつも一緒にいたい人と、一人で行動するのが好きな人が夫婦になってしまったら…意見が交錯して喧嘩が多くなるのでは?と予想ができますよね。それでもお互いが好きであれば結婚はできるはず。そこから上手に夫婦関係続けいていくポイントを紹介します。

相手への歩み寄りが基本

夫婦ならいつも一緒にいたいと考える人と、夫婦になっても独立して自分の考えで一人行動をしたいと思う人が夫婦になった場合、円満な関係を続けていくためには互いへの歩み寄りは必ず必要になってきます。両方の希望を同時に成立させることはできないので、互いに少しずつ相手に合わせるという意識を常に念頭に置いてくと覚悟しておいて。

また、意識をするだけではお互いに心労を溜めてしまって結局喧嘩になってしまうケースが多いので、具体的な体策をきちんと立てることも大切ですよ。

互いの希望を優先する時間や曜日を決める

一緒に過ごすのか、それぞれ独立した時間を過ごすのかを時間や曜日によって決めるのが、意見の違う相手と夫婦関係を円満過ごしていく方法のひとつ。例えば、朝食を終えたときから夕飯を食べるまでの時間はお互いに自分の時間を過ごし、朝食前と夕飯後はずっと一緒に過ごす…なんて一日の中で時間を区切るやり方もあります。

また、平日はそれぞれが自由にすることにして、休日は丸一日一緒に生活する方法もあるでしょう。区切り方は自由なので、今週は一緒に過ごし、来週はそれぞれ独立して過ごすというやり方も良いですね。ただし一週間の区切りで仕事や習い事なども行うことになるため、時間帯や曜日で決めるようにした方がお互いに生活はしやすいですよ。

始めから原則をどちらかに決める

一緒に過ごすか一人行動を優先するかについて、始めから原則を決めてしまうのも解決策です。基本的には一緒に過ごすのをルールにするけれど、今日は都合があるから別々に過ごそうよと声をかけたら前向きに相談する…といった形にするとうまく円満な関係を作れます。

逆に個人で過ごすのを優先して、どちらかから申し出があったら一緒に過ごすのを検討するのも、もちろんあり。どちらを原則にするかはそれぞれのカップルの考え方次第なので、きちんと彼と相談して決めましょう。もしも互いに納得できない場合には、両方の過ごし方で1〜2週間くらいかけて試してみると、どちらがベターかをお互いに納得することができます。

ルールを決めて円満な夫婦関係を

一人で行動したい人と一緒に過ごしたいと願う人が夫婦になってしまうと、どうしても折り合いを付けるのが難しくなりがちです。しかし、互いに歩み寄ると意識を持って始めからルールを決めてしまえば、ずっと円満な夫婦関係を続けていくことは可能。時間や曜日で区切ったり、優先する比率をあらかじめ決めておくなど、彼と生活の仕方を相談してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • いつも一緒 vs 一人行動が好きな夫婦の組み合わせ。どうすれ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。