大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 夫に女性として扱われたい!という要求の上手な埋め方とは
2020年09月17日更新

夫に女性として扱われたい!という要求の上手な埋め方とは

旦那に女性として扱われたい!という要求の上手な埋め方とは

新婚の頃はいつもラブラブ状態だったとしても、子供が生まれたり、結婚生活が長くなると、夫から女性として扱われなくなる傾向があります。寂しくて不倫に走る女性も中にはいますが、その前に実行しておいて損はないことがあります。

笑顔のある生活を心がける

夫に女性として扱われたいなら、まずは夫の前で笑顔でいる時間をたくさん作ってみましょう。つまり、夫に視覚的に良い印象を与えるということです。

結婚生活が長くなると笑顔が少なくなる傾向があります。そうした生活に慣れている中で笑顔が見えてくると夫も当然ながらその変化に気づきます。また、笑顔はそれ自体人間関係をよくするのに大切な要素なので、夫婦関係も良好になりやすいです。

下の名前で呼んでもらう

夫にかつての新婚時代を思い出させるということも1つの有効な方法です。結婚生活が長くなると子供の視点から「ママ」や「おかあさん」と呼ばれることが多くなり、男女というよりも子供たちの父母という意識にどうしてもなってしまいます。

そこに夫に女性として見られなくなる要因の1つがあるわけですが、付き合っていた頃や新婚時代を思い出させるために下の名前で呼んでもらいましょう。できればお互いに呼び合うとなおさら効果が高いです。

夫に甘えてみよう

女性は子供を生むとたくましくなります。夫はそういう妻を内心頼もしく思うようになりますが、男性として必要とされているという意識がなくなってしまう傾向があります。つまり、付き合っていた頃や子供を生む前は男性が女性をリードすることが多かったとしても、子供が生まれた後は男性が妻を母親のように頼ってしまうのです。

夫に甘える回数を増やすことで、男性として必要としているアピールをしたり、自分は夫の母親ではないということを間接的にアピールしてみましょう。これはかなり効果があります。普段言えないことやわがままをいったりできるので、ストレス発散にもなっておすすめです。

香りで女性らしさを出す

夫の嗅覚を刺激する方法もおすすめです。普段家で香水をつけている場合は、いつもとは違う香水を使用しましょう。逆に、香水を普段使っていないのであれば、香水をつけてみましょう。

とてもシンプルな方法ですが、嗅覚を刺激するのはとても効果的です。香りで女性らしさをかもし出すことで夫は心の中でドキドキして女性として意識し接し方が変わってくるはずです。

女性はいつまでも女性です

女性はいつまでも異性から女性として見られたいものです。これは男性もそうです。しかし、結婚して時間が経つとどうしても女性として見られなくなります。

自暴自棄になるのではなく、女性として扱われるように、試せることは全部やってみましょう。少なくとも普段とは違うあなたに気づくはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 夫に女性として扱われたい!という要求の上手な埋め方とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。