大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 表面上だけ仲良しは危険です!夫婦の絆を深めるために必要なケン...
2020年07月25日更新

表面上だけ仲良しは危険です!夫婦の絆を深めるために必要なケンカとは

表面上だけ仲良しは危険かも…夫婦の絆を深めるために必要なケンカとは

夫婦喧嘩は夫婦の溝を深めてしまうだけ、だから不満があっても表面上は仲良くしたい。そんな考えは実は危険だと言われていて、夫婦の絆を深めるための喧嘩も必要となります。そんな夫婦の絆を深める喧嘩について紹介します。

第二感情ではなく第一感情を伝える喧嘩

第二感情とは怒りの感情のことで、これを旦那さんにぶつけてしまうと何で怒っているのか理解できないため夫婦の溝ができてしまいがちです。そのため夫婦の絆を深めるためには、第一感情を伝える喧嘩が必要になってきます。

実は第一感情というのは悲しみや寂しさなどの感情のことで、人は悲しみや寂しさを募らせることで徐々に怒りの感情に発展していくと言われています。

つまり第一感情を伝える喧嘩というのは、自分がどうして怒っているのかを伝える喧嘩というわけです。

そうすることで自分の中の怒りを落ち着かせることができますし、旦那さんも怒っている理由がわかるので反省してくれやすくなります。

相手の人格ではなく行為を責める喧嘩

夫婦の溝を作ってしまう喧嘩の中には、相手の人格を否定したり攻撃するような言葉をぶつけてしまうものがあります。

人格を否定されるというのは思っている以上に相手を傷つける行為であり、自分自身を否定されたり攻撃されたような気持になりがちです。その結果ドンドン夫婦の溝を深めてしまう事になるので、相手を責める時には人格ではなく、怒る原因となった行為を責めることがポイントになります。

行為であれば改善の余地がありますし、旦那さんも自分が何をしたから怒られているのか理解しやすいですよね。

そして行為を責めることで自分が旦那さんのどんな行為を許せないのかも自覚できるので、冷静に喧嘩することもできます。

相手の意見を聞くことができる喧嘩

夫婦喧嘩をしてしまうと、ついついお互いに言いたいことをぶつけてばかりで相手の考えや意見に耳を傾けにくくなりますよね。

ですが考え方を変えると、夫婦喧嘩は相手の考えや意見を聞くことができる貴重な機会でもあります。

そのため夫婦喧嘩を通じて相手がどのような考えや意見を持っているのかしっかり聞くことで、夫婦の絆を深めるきっかけにすることもできます。

もちろんお互いに余裕を持っておかなければいけないのですが、感情任せにせず冷静に喧嘩することで、相手の言葉に耳を傾けやすくなるのです。

冷静に気持ちを伝えられるかどうか

夫婦喧嘩で溝ができてしまうか、絆が深まるか、その違いのポイントは自分の気持ちを冷静に伝えることができるかどうかが大切です。

特になぜ怒っているのか、どうしてほしいのかをきちんと伝えること、そして相手の意見にも耳を傾ける余裕を持つことを意識すれば、夫婦喧嘩をきっかけに絆を深めることができますよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 表面上だけ仲良しは危険です!夫婦の絆を深めるために必要なケン...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。