大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 仲良し夫婦は心得ている!「結婚生活を長く続ける」秘訣TOP3
2020年08月03日更新

仲良し夫婦は心得ている!「結婚生活を長く続ける」秘訣TOP3

これから結婚する女子へ!既婚者が思う「結婚生活を長く続ける」秘訣TOP3

結婚生活が長続きしている夫婦は、一見何もしていないように見えて実は夫婦生活を円満に過ごすために必要なことがわかっています。今回は、既婚者が思う夫婦円満の秘訣をランキング形式に紹介。結婚生活は初めが肝心です。結婚生活を長続きさせるコツを知って、いつまでも彼と幸せな夫婦生活を送っていきましょう。

3位. 相手を尊重する

離婚をせずに長年寄り添っている夫婦に見られる特徴のひとつに、相手へのリスペクトがあります。相手の良い部分や尊敬できる所を見つけることは、夫婦に限らず人間関係を築く上で必要な行動です。相手の欠点ばかりを見ていると無意識のうちに相手を見下すようになり、見下されたと感じる相手はもちろん、見下している自分でさえも愛情は冷めていってしまうからです。

結婚生活を長く続けるには、どんな小さなことでも相手の魅力的な部分を見つけることがポイント。見つけた時にその気持ちを自分の中だけで処理しても問題はありませんが、直接相手に伝えれば関係をより良好なものにすることができますよ。

2位. 話し合って感情を共有する

夫婦仲が悪くなってしまう大きな原因のひとつがすれ違いです。共働きでお互いに一緒に過ごしたり顔を合わせる機会が少なければ、一緒にいる必要性を感じなくなり、自然と気持ちは冷めてしまいます。そこで重要となるのが会話です。どんなに忙しくても夫婦で話をする時間を作り、感情を共有することで絆を持ち続けることができます。

 

話す内容は楽しい話だけに限定する必要はありません。仕事であった嫌なことや悩みといったネガティブな話題でも、話をしたり聞いたりすることで、相手への親近感が増すので、結婚生活をうまく続けるには大切な作業になってくるのです。相手を知ることは夫婦円満の大事なポイントと覚えておきましょう。

1位. 喧嘩をした後は謝罪する

どんなに仲睦まじい夫婦であっても、長く一緒に生活をしていれば意見が衝突して喧嘩をすることもあります。喧嘩というとネガティブなイメージを抱いてしまいがちですが、人との付き合いにおいて決してマイナスなことだけではありません。それぞれが自分の考えを相手に伝えることでわかり合えるようになるので、集団生活や共同生活においては、ある意味必要と言えるかもしれませんね。

 

夫婦喧嘩も同様に、日頃相手に対して思っていること、直してもらいたい行動をしっかりと伝えることが関係をより深めることになるのです。ただし、意見を言いっ放しの状態で終わらせてしまうと相手に対して悪い印象を抱いたままになるため、愛情が薄れてしまいます。喧嘩をした後は、必ずどちらからともなく謝罪をして仲直り…のルールを持たせることが、結婚生活を長続きをさせる秘訣です。

 

独身生活と違って結婚は自分以外の人間との共同生活になるので、独りよがりでは成り立ちません。自分本位な考えや行動を取っていれば、相手に迷惑を掛けるだけでなく日常的に喧嘩も多くなってくるでしょう。相手の話に耳を傾ける、感謝の気持ちを伝えるなど思いやりの感情を持って接することが、夫婦円満であり結婚生活を長く続けさせるコツなのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 仲良し夫婦は心得ている!「結婚生活を長く続ける」秘訣TOP3
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。