大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 独身の方が楽しかった…結婚を窮屈に感じてしまう女性の特徴とは
2020年11月03日更新

独身の方が楽しかった…結婚を窮屈に感じてしまう女性の特徴とは

独身の方が楽しかった…結婚を窮屈に感じてしまう性格要素とは

結婚生活は幸せなはずなのに、どこか窮屈に感じてしまうという人もいます。独身の方が楽しかったと考えている人の性格には、いくつかの特徴があります。それらの特徴について解説します。

夫からの愛情だけでは満足できない

結婚とは、一人の相手と生活することを決定する契約のようなものです。結婚することを決めた相手と、日々愛情を育みながら生活を共にしていきます。

夫に愛されるだけでは満足することができず、もっと色々な人から愛されてみたいと考えている人は、結婚生活には向いていないと考えられるでしょう。

そのような人は日常生活においても、より多くの人から認められたいという承認欲求が強く、一人だけと向き合って生活することを窮屈だと感じてしまうことが多いです。

まだまだ色々な人にチヤホヤされたい、構ってもらいたいという人は、結婚するにはまだ早いでしょう。夫だけを愛し、夫からの愛情だけを求める女性が、結婚に向いていると言えます。

自分のお金は自由に使いたい

結婚をすると、独身時代のように自由にお金を使うことが難しくなることが多いです。共働きであっても、稼いだお金は共同財産となり自分だけで勝手に使用することは難しいでしょう。

趣味などにかかる費用に関しても、相手の承諾を得る必要があります。同じ趣味を持つ人や、価値観が同じ人と結婚すれば問題ないかもしれません。そうでなければ、いちいち相手にお伺いをたてるのが面倒だと感じてしまいます。

金銭感覚が合わない相手との結婚生活は長く続かないことが多いです。まだまだ自分の自由にお金を使いたいと考えている人は、結婚生活には向いていません。

パーソナルスペースを大切にしたい

普段から一人の時間を大切にしている人、自分だけの空間は必要だと感じている人は、結婚生活を窮屈だと感じてしまいます。

結婚すると一人の時間は減り、共同スペースで過ごすことが多くなりがちです。夜は一人で寝たい、休みの日でも一人で過ごす時間が欲しいと考えているならば、結婚を決める前に相手とじっくりと話し合う必要があるでしょう。

お互いの価値観が一致していれば、結婚生活が始まっても不満を感じることはありません。中には常に隣に夫がいることで気が休まらない、夫の行動にいちいち過敏に反応してしまうなど、日々の生活で息苦しさを感じている人もいるようです。

 

結婚をすると誰かと共同生活を送ることになるため、一人の時間や趣味などを優先する人は結婚にはあまり向いていません。

また夫からの愛情だけでは満足できず、まだまだ多くの恋愛を楽しみたいと考えている人や、お金を自分のために自由に使いたいと考えている人も結婚には不向きであると言えるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 独身の方が楽しかった…結婚を窮屈に感じてしまう女性の特徴とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。