大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 旦那と考えが真逆!「子どもの教育方針」で夫婦ゲンカになった3...
2020年12月31日更新

旦那と考えが真逆!「子どもの教育方針」で夫婦ゲンカになった3つの理由

旦那と考えが真逆!「子どもの教育方針」で夫婦ゲンカになったわけ・3つ

いままで全くケンカしたことがなかったのに、子どもができた途端教育方針で揉める夫婦も少なくありません。あまりに言い争ってばかりだと夫婦仲が悪くなるだけじゃなく、子どもにも影響が出てしまうかもしれません。

そこで今回は「教育方針でケンカしたエピソード」についてご紹介します。

公立or私立

・「私が大学受験で苦労したこともあり、子どもには小学校から私立に行かせたい気持ちが強かった。その話は以前からしていて、旦那も理解してくれていました。

でも、いざお受験の話が具体的になったら、旦那が『やっぱり公立でいいんじゃないの?』と言い出して大ゲンカに。結局私が押し切る形になりましたが、旦那はあまり納得していないようです」(37歳/主婦)

 

お受験への考えは人によってさまざま。旦那と価値観が合えば問題ないのでしょうが、そうじゃないと片方を説得させるのは大変かもしれません。

また公立・私立問題は幼少期だけじゃなく、高校、大学まで続きます。お互いの意見から金銭面まで、いまのうちにしっかり話し合う必要がありそうです。

習いごとは何をさせるか

・「私は幼いうちから英語と水泳を習わせたいのですが、旦那は野球一択。しかも『英語なんかやったって意味ないから(笑)』とバカにしてくるんです。

私が反論すると『じゃあその金は誰が出すんだ?』『俺の金なんだから、俺に権限があるんじゃないの?』と言い出して収拾がつかない。結婚前はまさかこんな男だとは思わなかった」(32歳/主婦)

 

お金もかかるしできる数も限られますから、習いごとには慎重になるもの。将来のためにやらせたい習いごともありますが、一番は子どもの意思を尊重したいですね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 旦那と考えが真逆!「子どもの教育方針」で夫婦ゲンカになった3...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。