大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 1度のあやまちは不倫じゃない?正しく知りたい不倫と法律の関係
2021年01月13日更新

1度のあやまちは不倫じゃない?正しく知りたい不倫と法律の関係

2人の信頼関係が破壊されれば不倫となり得る

夫以外の男性と、1回肉体関係を持っただけだったとしても、不貞行為として不倫は成立し得るでしょう。1回のあやまちでも、夫が精神的ダメージを受ければ、不法行為として認められる可能性があるのです。

ただし、たった1回だけなら、違法性が軽微だとして損害賠償金の減額も可能です。手をつないだだけの場合や、2人で食事をしただけというケースでは、不倫として認められないでしょう。

そして、夫も不倫していたことが発覚したら、いわゆるダブル不倫として夫に損害賠償権が認められません。

不倫は犯罪ではないが、たった1回だけでも損害賠償請求され得る

夫以外の男性と肉体関係を持ったからといって、刑罰を科されることはありませんが、夫に精神的苦痛を与えたとして、1回だけの不倫でも民事上の損害賠償責任を負わされることがあります。

肉体関係が無くても、キスやハグが不倫行為として認められることもあるので、夫以外の男性とのスキンシップには十分注意しましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 1度のあやまちは不倫じゃない?正しく知りたい不倫と法律の関係