大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月02日更新

毎日が幸せ!結婚後も「ずっと仲良し」でいる秘訣

毎日が幸せ!結婚後も「ずっと仲良し」でいる秘訣

好きな人との結婚、それは新たなスタートでもありますよね。結婚して仲が冷めてしまう夫婦もいれば、結婚後も変わらずに仲良しな夫婦もいます。そんな「ずっと仲良しな夫婦」でいるためにも、結婚生活を円満にする秘訣は知っておきましょう。

1. 夫婦でも秘密はある!

結婚生活を送る上で意識しておきたいのが、結婚したからといってお互いにすべてを話す必要はないということです。夫婦になれば、自分を包み隠さないことが多くなってきますが、あえてすべて話さないことも大事です。

これは相手側にも言えること。夫のすべて知ろうとすると、男性は結婚生活に生き苦しさを感じてしまうようになるでしょう。そもそも、秘密を持たない人間はいません。誰でも、誰にも言えない秘密をひとつやふたつを持っているのです。

 

自分が詮索されて嫌だと思うことは、他人にもしませんよね。夫婦であっても、一定の距離を取ることは大事です。特に結婚後も幸せな結婚生活を送れている夫婦は、お互いにプライベートを持つことがきちんとできています。

2. 将来の目的をすり合わせる

結婚をしたということは、お互いにどんな未来を目指したいかはわかっているでしょう。しかし、未来は日々変化することもわかっておかなくてはなりません。社会状況が変われば、仕事の質や収入も変わっていきます。そのことで、結婚前にすり合わせていた未来に変化が生じることもあるのです。

 

特に、人の気持ちは変わりやすいもの。恋心などは3年で冷めるのが一般的です。そのため、いつまでも仲良しな結婚生活を続けるには、定期的に将来のことを確認し合う必要性があるのです。これは、ずっと一緒にいることを相手に意識させることになるので、夫婦仲が冷めにくくなる効果もあるでしょう。

3. SOSは隠さずに言う

結婚をして夫婦になったとき一番大切なのは、素直にSOSを相手に出せるかどうかです。特に人は、問題が大きければ大きいほど、言葉に出すことに抵抗を感じてしまいます。しかし、夫婦とは一緒に困難を乗り越えていくためのパートナーです。

SOSを出せないような夫では、これからの人生を一緒に築いていくことはできません。夫に話せば必ず解決するわけではないかもしれませんが、一緒に悩んで、一緒に考えていくことに結婚の意味はあるのです。

 

また、困ったときに頼れる相手がいることは、大きな安心感を与えてくれます。これは相手にとっても同じことでしょう。少しでも困ったときは、迷わず相手に相談する癖をつけておくのは、夫婦仲を良好に保つことにつながります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。