大人女子のためのWebメディア
検索
2022年04月12日更新

早く帰りたいな♡夫が《居心地のいい》家庭にするには

最近夫の帰宅が遅い…ということはありませんか? 実は夫が家に帰りたくないと思っていて、残業を増やしたり寄り道をしたりしている可能性もあります。ひどい場合には帰宅恐怖症という事態に陥ってしまうかもしれません。

そんなことにならない為にも、早く帰りたいと思える「居心地のいい家庭」にすることが大切です。そこで今回は、夫が「居心地のいい家庭」にするコツを紹介します。

家族の笑顔が待っている

家に帰っても妻や子どもとろくに挨拶もしない、会話もないという状況であれば、ほっとしてくつろげる家庭とは程遠くなります。

働いているのは夫だけではありませんが、少なくとも外で仕事をして帰宅した夫に「おかえり」「お疲れさま」と笑顔で迎えてあげられる様な家庭にすることが大切です。

いつも帰宅が子どもの就寝後ということもあるかもしれません。そんな時は今日あったことなどを楽しく報告出来る時間が持てるといいですね。

夕飯がおいしい

胃袋をつかめ、と昔から言われる様に、温かくおいしいご飯が待っている家庭には夫も早く帰りたいと思うものです。夫の好物を用意する、給料日などちょっとした日にいつもよりワンランク上のビールを用意しておく、など少し工夫を加えると帰る楽しみが増えますね。

もちろん共働きの場合もありますし、家事や子育てで妻も夕飯を用意するのが大変ということも多いですよね。毎日凝った料理をする必要はありませんし、お惣菜やレトルトで済ませることもあるでしょう。

しかしパックのまま出さずにお皿に移す、レトルトに具材やひと手間を加えてアレンジする、など負担にならない程度の手間を加えるだけでも、受ける印象は変わってきます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo

この記事に関するキーワード