大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 結婚後も仲良し!ずっと夫婦円満でいるための「心がけ」3つ
2022年09月08日更新

結婚後も仲良し!ずっと夫婦円満でいるための「心がけ」3つ

みんなはどうしてる?《円満夫婦》でいるために心がけていること

結婚してからもずっと仲良しな夫婦って憧れますよね。もちろん相性もあるでしょうが、ずっとラブラブでいるためには、お互いが相手を思いやることが大事になってきます。そこで今回は、円満夫婦でいるために心がけていることを紹介していきます。

1. 自分の価値観で否定しない

・「夫は釣りが趣味なのですが、正直『買ってきたほうが安い』と思ってしまうこともあります。だけどそれを言ってしまったら元も子もないので、夫が釣ってきたときは素直に『すごいね!』と褒めるようにしています」(37歳女性)

 

自分の物差しで考えたときに、夫の言動が理解できないこともあるでしょう。でも夫が悪いことをしたならともかく、そうではないのに水を差すような発言は、夫婦仲が悪化する原因になります。

また逆の立場で考えてみても、夫が趣味に口を挟んできたら面白くないですよね。価値観の違いを認めることが、夫婦仲を良好に保つ秘訣なのかもしれません。

2. 要望は具体的かつ簡潔に伝える

・「昔は夫に不満があると、はっきり言わないで嫌みっぽい言い方をしていました。そうすると夫がイライラしはじめて、私も『ちゃんと話聞いてるの?』とケンカ腰になっていたんですよね。だけどある日、友達夫婦の仲睦まじい様子を見て反省…それから夫への要望は、ストレートに伝えるようになりました」(33歳女性)

 

夫への不満が爆発すると、過去の出来事まで持ち出して責めてしまうこともあるでしょう。でもそうなると、何が一番不満なのかが伝わらず、話を聞くのが面倒くさいと思われてしまうことがあります。

会話がうまくいかなくなると夫婦仲に亀裂が入り、気づいたころには修復不可能になってしまうかもしれません。してほしいことや直してほしいことは、具体的かつ簡潔に伝えるようにしましょう。そのほうが夫もすんなり聞きやすいので、不穏な空気にもなりづらいでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 結婚・離婚
  • 結婚後も仲良し!ずっと夫婦円満でいるための「心がけ」3つ