介護職は出会いがない…!恋人を作る方法ときっかけの増やし方3つ

介護職は出会いが少ない!と諦めていませんか?忙しくても出会いを諦めないでください!多忙な介護職でもたくさん出会える方法があるんです。

介護職って出会いがない…と悩んでいる人へ!

キャッチ画像282981

介護職は、日勤・夜勤が交互に発生するので、休みの日は寝ていたいと感じる場合もあることでしょう。しかし、そんな思いを抱きつつも、恋愛や結婚をしたいと思っている方はたくさんいます

同じ介護職で働いている者同士なら恋人を作りやすいとイメージするかもしれませんが、介護職は年齢層も高いため、出会いがないと悩んでいるケースもめずらしくないのです。

ここでは、介護士で出会いがない方が異性と出会う方法をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

介護業界の人が「恋愛できない悩み」を持ってしまう理由

キャッチ画像282982

仕事が忙しくてプライベートタイムが取れない

介護職の場合、ほとんどが入居型の介護施設で働いているので、24時間365日入居者のお世話をすることになります。そのため、土日や平日といった概念はなくなりますし、夜勤などもあるので、休みの日に合コンなどに誘われたとしても自宅でゆっくりしていたいと思うものです。

そんな状況なので、出会いがないけれど、出会いの場に行くのも大変だと感じる方もたくさんいます。いっそのこと結婚相談所を利用してみようかと考えたとしても、「お見合いのスケジュールが合わなさそう」「相手を見つけるまで時間がかかるかも」などというイメージが先行してしまい、二の足を踏んでしまうことが多いものです。

職業上、休みが不定期でデートができない

気になる相手ができたり、友人に紹介してもらったとしても、介護職は基本的にシフト制なので、土日が休みだと決まっているというわけではありません。さらに、人手が慢性的に不足しているため、シフトの希望を優先してもらえないこともあります。

また、シフトの希望が通っても、当日出勤しなくてはいけなくなることも多いのが介護職です。そのため日程調整が難しくデートがなかなかできないため、相手と関係が深まらないままになってしまいます。

職場には出会いが期待できない

介護職の場合は力仕事も多いので、男性が大半ではないかという印象を持っている人もいるかもしれませんが、実際は女性の方が多い職場です。女性はきめ細かな気遣いができる人が少なくありませんし、入居者からも受け入れやすい印象があるため、採用率が高い傾向があります。

もちろん男性もいますが、すでに相手がいる人だったり、結婚していたりして、少ない人数の中で自分の好みの相手を見つけることは至難の業です。さらに、人の入れ替わりも激しい職種のため、職場での出会いにはあまり期待できない場合が多いと言われています。

でもその悩み、全部マッチングアプリで解決できちゃいます!

スキマ時間で相手を探せる!

キャッチ画像282983

マッチングアプリの場合、今まで利用していたSNSやゲームアプリなどと同様に、自分の手が空いた時間に利用できます。介護職の人が出会いに悩む大きな理由の1つに「時間がない」という部分があります。しかし、マッチングアプリを利用することで、その悩みは解消されることでしょう。

マッチングアプリであれば、自分の好きな時間に気になる相手を探すことができますし、同じ介護職で働く人や別業種でも自分と似たような生活スタイルの人を見つけることができるのが、大きなポイントです。

休憩時間や出勤時間、眠る前の少しの時間など、実際に出会いの場に出向くよりも自分自身の負担にならない程度に相手探しができます。

スキマ時間はどんな人でも必ずあるものです。その時間を利用して相手を探せるので、時間を有意義に使うことができます。

休みの合う相手が見つかりやすい!

一般的に、お見合いパーティや合コン、結婚相談所を利用すると、どうしても自分の時間を費やしている割に「あまり良い相手に出会えなかった」と感じることがあります。なぜなら、自分が思い描く条件の人が必ずいるというわけではないからです。

しかし、マッチングアプリであれば、検索機能を使用して探すことができるので、理想の条件の相手を見つけることが可能です。例えば、休みが合いやすい同業者や趣味が合う人などと、容易にコンタクトを取ることができます。

また、自分自身のプロフィールにしっかりと仕事や休みについて記載しておくと、条件検索をした相手が逆に自分を見つけてくれたりするのです。こうしたメリットから、マッチングアプリは他の出会い方よりも効率が良いと言えるでしょう。

出会いの方法として人気だから会員数が多い!

マッチングアプリは有名人も多く利用しているほどで、人気の出会い方として知られています。また、大手マッチングアプリであれば、何百万人という利用者が在籍しているので、多くのアクティブ会員がいると考えられます。

ただ、アクティブ会員の多さ=利用者の多さというわけではないので、マッチングアプリを利用する際はアクティブ会員が多いサービスを選んでください

大手マッチングアプリであれば日々多くの利用者が登録しているので、必然的にアクティブ会員も多くなり、探しやすいです。以前であれば、マッチングアプリを出会い系サイトと勘違いしている人もいましたが、今では、「マッチングアプリ=真剣に恋人を探したいけれど時間がない人の出会い方」として理解が進んでいます。

介護職の人がマッチングアプリで出会いを増やす3つのコツ

介護関連のコミュニティをのぞいてみる

マッチングアプリの特徴はSNSのように、コミュニティがあることです。コミュニティとは、趣味や価値観が同じ人を探せる機能のこと。

なので、コミュニティの良さは、趣味や仕事が同じ人が集まることで、話の合う相手や相性が良さそうな相手をすぐに見つけることができる点と言えます。

中には、介護関連のコミュニティもいくつか存在しているので、それらに参加することで、より親近感のわく人と仲良くなれるでしょう。

コミュニティの種類と参加人数が多いマッチングアプリといえば、「Pairs(ペアーズ)」

キャッチ画像282984

現時点で累計会員数が1500万人を超えるPairs(ペアーズ)は、マッチングアプリの中でもTOPクラスの人気を誇り、抜群の知名度があります。
とにかく会員数が多いので、地方でも出会いがある!と評判です。

Pairs公式サイトによると、毎月13,000人に恋人ができているので、その実績は確かですね(2022年現在)。

Pairsの特徴は、アプリ内に10万もの趣味のコミュニティが存在していること。介護関連・休みが不定期な人など、環境や価値観が似ている人を探すにはぴったりです。

◆Pairsコミュニティ検索画面

キャッチ画像282985

マッチングアプリで不安なのは、怪しいアカウントや別サイトに誘導されるなど揉め事が起きないかという部分かもしれません。でも、Pairs(ペアーズ)の場合は24時間365日監視体制が敷かれているため、安心して利用できます。

男性は月額有料制ですが、支払いは多くても月額3000円代です。合コンや婚活パーティーに行けば1回で終わってしまう金額で、何十人という異性と関わることができるので、コスパは抜群です。
女性は無料で利用できるので、まずはお試し感覚で登録してみるのも悪くありません。

キャッチ画像282986
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を徹底解説

自分に自信を持つ

いざ、マッチングアプリを使用すると決めて登録をしても、待ちの姿勢だけでは良い相手に出会うことはできません。自分からも積極的に行動することで、理想の条件に合った相手と出会うことができるのです。

でも、自分に自信がないから積極的になれない人もいるのでは?

そこで試してみたいのが、自分の理想に合う異性が本当にいるのかどうかがわかる「結婚チャンステスト」です。

キャッチ画像282987結婚チャンステストは、大手結婚相談所のオーネットが行っている人気の無料診断。オーネットに入会していなくても利用可能です。

自分のプロフィールと相手への希望条件を入力するだけで、理想の相手が実際にオーネット内にどれくらいいるのか教えてくれるのです。

自分の理想の相手がいるとわかれば、自信が持てるし、出会い探しにも積極的に取り組めそうですよね!

診断にかかる時間はたった5分程度です。まずは気軽に、無料で診断してみましょう。

キャッチ画像282988
▼こちらの記事もチェック
オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と口コミ、受け方ガイド

自分と同じ介護職の相手を探す

マッチングアプリの最大の特徴は、理想の条件の相手を検索できることです。介護職の場合は、相手から仕事への理解がないと、恋愛を続けることは難しいといえます。そのため、条件検索をしてマッチする相手を見つけ出してくれるマッチングアプリは非常に便利です。

同じ職業や理解のある相手であれば、話題に困ることもありませんし、関係を深めやすいはず。ただ、数多くあるマッチングアプリは、検索条件に設定できる項目が全て同じというわけではありません。

そのため、検索項目が充実しているマッチングアプリを選びましょう。例えば、人気アプリのOmiaiなら、検索項目の職業に「介護士」があります。

キャッチ画像282989

「Omiai」は、累計会員数が800万人(2022年3月時点)を超えており、年齢層は20代~30代前半が多く、アラサーがメインの出会いの場となっています。会員の9割が登録してから3ヶ月以内にマッチングできた実績があります。

利用者の目的としては「恋愛したい」というものが主ですが、真剣な出会いを求めている人がほとんどなので、結果的に結婚に結びつきやすいのです。男性は、「1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月」といった月額プランが用意されていますが、女性は完全に無料です。

Omiaiでは、こだわり検索という項目があり、職業はもちろんのこと、休みは曜日単位で絞り込むこともできるので、自分の生活スタイルに合った相手を探すことができます。また、ログイン順や新規入会順に表示されるので、前向きに出会いを探しているアクティブ会員と出会いやすいのも良い点ですね。

キャッチ画像2829810
(18歳未満は登録禁止です)

アプリで恋人を探すメリットとは

すぐに会うわけじゃないから相手を見極めやすい

キャッチ画像2829811

一般的に、合コンやお見合いパーティなどで出会った場合は、面と向かって会うことから出会いが始まっているので、容姿が魅力的だと相手の本質を見抜く前に好意を抱くこともあります。

さらに、相手も自分に対して下心を抱いて近づいてくることもあるのです。その結果、失敗してしまうことも多くなるので、出会いが無駄になったという人もいます。

しかし、アプリの利用なら、事前にメッセージのやりとりをしてお互いの理解を進めてから会うため、外見にとらわれすぎず、相性が良い相手と巡り合えるのです。

相手も出会いを探しているから関係が進展しやすい

普段の生活で出会いを待っていたとしても、なかなか出会うことはできないでしょうし、自分が気になる人に出会っても相手がフリーとは限りません。そのような経験をすると、より一層恋愛する自信を失ってしまうものです。

ただ、アプリ上で恋人を探せば、お互いが「出会い探し」という1つの目的を持って利用しているので、気になる相手に出会えば、関係を進展させやすいメリットがあります。

マッチングアプリを利用するのは、理想の相手に出会いたいと思っているからこそなので、1つ1つの出会いを大事にしたいと感じる人がほとんどだといえます。

相手の生活環境がわかりやすい

キャッチ画像2829812

お見合いパーティなどでは、最初の段階で異性への希望や自分のプロフィールを記入して参加をしますが、記入項目が少ないですし、会話の中で聞こうとしても時間が非常に少なくて、相手の深い部分まで質問することが難しいです。

しかし、アプリを利用すると、事前に細かな部分までプロフィール項目が設定されているので、直接話さずとも、ライフスタイルをプロフィールから読み込むことが可能です。

逆に、自分の生活環境もプロフィールから予測してもらうことが可能なので、自分と似たようなサイクルの人を見つけられます。プロフィールをしっかり書いているというだけでも、出会いに真剣さが伺えます。

結婚希望の有無もわかるから相手の選択がしやすい

結婚するには、まずは相手と恋愛することが必要です。しかし、単純に恋愛だけを楽しみたいのか、結婚までを希望しているのかは、本来なら実際に交際してからではないとわかりません。

しかし、最後の恋愛にしたいと思っている人にとっては、結婚を意識した出会いを期待しています。そのため、相手との意識の差があると良い恋愛ができません。

こういうミスマッチを防ぐために、マッチングアプリではプロフィール項目に、「結婚希望」などという欄が設けられています。検索の段階で将来的なことを考えている人かどうかが分かることは、大きなメリットです。

実は「モテの秘訣」を持ってる♡介護士の魅力3選

仕事柄、頼りになるイメージがある

キャッチ画像2829813

介護職の場合、高齢者や障害を持った人を支援・サポートする仕事内容なので、一般的なイメージとして「頼りになりそう」と思われています。そのため、恋愛関係になったとしても、しっかりとした気持ちを持っている人なのだろうと思う人が多いのです。

交際するとき、全然頼りにならないような人の場合、結婚しても大丈夫なの?と不安になってしまいます。介護職は、そういった頼りなさとは対極の存在として考えられる傾向があるため、モテる傾向にあるのです。

相手の気持ちを考えられるから優しい

介護職はただお世話をするだけではなく、相手の望むことを汲み取ってあげる必要があります。介護サービスを受ける人の中には、他人に気持ちを伝えるのがなかなか難しい人もいます。そのような人が何を考えているのかを理解する優しさを持ち合わせていなくては、仕事が難しいのです。

こうした感覚が、恋愛面にも影響するのではないかと考えられ、介護職をしている人は優しそうとか人の気持ちを理解できるだろうとイメージされます。

将来的な安心感がある

キャッチ画像2829814

介護サービスの大きな特徴は、高齢者などの日常の世話をすることです。当然ですが、健康的な若者よりも高齢者の方が病気になる確率は高く、持病を持っている人もたくさんいます。そのため、介護職の人は、いろいろな医療知識を持っているものです。

例え、専門的な治療はできなかったとしても、看病の方法などを熟知しているので、そんな相手が恋人だと、自分が倒れたときに大きな安心感を持てることから、介護職の人と交際したい人は意外と多いです。

将来的に結婚したときにも、しっかりとサポートしてくれる印象があるので、人気が高いといえます。

介護職だからって出会いがないわけではありません!

キャッチ画像2829815

介護職の人は、なかなか出会いがなくて恋愛が難しいなと思っている人は多いでしょう。確かに、休みの日は身体を休ませたいし、仕事も不規則なことから、恋愛ができないと悩んでいるかもしれません。

しかし、介護職だからといって出会いがないわけではなく、マッチングアプリのようなスキマ時間を利用した方法を活用すると、出会いのチャンスを増やすことが可能です。

また、利用を開始してからも、積極的に自分からアプローチしたり、コミュニティなどに参加して出会いを増やすこともできますので、落ち込む必要はありませんよ!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)