マッチングアプリにいる既婚者の見分け方!引き寄せないコツと対処法

マッチングアプリの敵、既婚者なのに登録し続けている不届き者は編集部が成敗します!既婚者の見分け方と対処法を知って自分の身は自分で守りましょう!

マッチングアプリに既婚者がいる…見分け方ってあるの?

キャッチ画像288501

好きになってしまってから相手が既婚者だと分かったらすごくショックですよね。
そもそも、相手が既婚者だと知らないで付き合っていたとしても慰謝料を請求されるなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
そこで、マッチングアプリで既婚者に引っ掛からずに済むための見分け方と攻略法を解説します。また、マッチングアプリで出会いを探したいという人にぜひ試していただきたいおすすめマッチングアプリもご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

そもそも、既婚者がいないアプリはないの?

キャッチ画像288502

登録時に独身証明書を提出が義務付けられている結婚相談所であれば既婚者が紛れ込むことはありませんが、基本的にアプリの場合は既婚者がいないとは言い切れないのが現状です。それでも、既婚者が少ないアプリを使い既婚者かどうか見分けることでマッチングを避けることができます。既婚者が少なく安心して使えるアプリの特徴をまとめてみました。

出会いへの真剣度が高いアプリを使う

既婚者の人は、遊び相手として気軽に会える異性を探す傾向にあります。そのため、相手が本気で結婚相手を探している確率が高いアプリは避けることが多いので、出会いへの真剣度が高いアプリには比較的既婚者が少ないんですね。
成婚率が高く遊びの恋を求めている人が少ないアプリであれば、既婚者である可能性はかなり低くなります。
真剣度が高い婚活アプリなら、「マッチドットコム」がおすすめ。

キャッチ画像288503

日本国内で累計会員数250万人以上、海外でも25か国で利用されています。男女ともに月額料金が必要なので、女性無料のアプリに比べて男性・女性ともに同じくらい真剣度が高く、マッチング後もお付き合いに発展しやすい質の高い出会いが期待できます。
また、登録しておいた好みの相手の情報からAIがおすすめの異性を紹介してくれるシステムが搭載されており、使えば使うほど好みの条件にマッチした相手を選出してくれるので、検索する時間がない方でもラクにお相手探しができると評判も高いですよ。海外での利用者も多いため、外国人と付き合ってみたいという方は試しに使ってみても良いかもしれませんね。

キャッチ画像288504
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介 

独身証明書の提出があるアプリを使う

任意で独身証明書を提出できるアプリもあります。独身証明書は各都道府県の市区町村で発行できる公的書類ですので、この書類が提出されている人は独身であることが公的に証明されていることになります。
独身証明書を提出していることを確認できるアプリを使えば、相手が既婚者かどうかは一目瞭然。安心して婚活をするなら、独身証明書の提出があるアプリを使いましょう。
各種証明書が提出できる婚活アプリとしておすすめしたいのは「youbride(ユーブライド)」

キャッチ画像288505

200万人以上に選ばれている婚活アプリで、証明書などの書類は専任スタッフが確認したうえでサイト上に掲載されるようになっています。
サクラ0宣言を掲げ、悪質ななりすましアカウントを24時間365日監視しており、安心安全に活動ができるようサポート体制がしっかりしています。
facebookアカウントを利用してログインすることもできますよ。youbrideは真剣に結婚しようと思っているマジメな会員が多いと口コミ評判も高いので、まずは無料登録してみてください。ただ、無料会員でも検索などはできますが、出会いを求めるなら月額料金を支払って有料のスタンダード会員になっておくことをおすすめします。

キャッチ画像288506
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

恋活アプリよりも婚活アプリを使う

恋活アプリだと気軽に出会える相手を探している人も混ざっているため、婚活マッチングアプリや婚活サイトを使うのがおすすめ。婚活アプリでは遊び目的の人はほとんどおらず、真面目に恋愛・結婚を考えている場合が多いです。既婚者へのチェックが厳しいことも多いですので、使うなら婚活アプリの方が安心ですね。
婚活アプリとして有名なのは「ゼクシィ縁結び」。有名な結婚情報雑誌「ゼクシィ」から生まれた婚活アプリで、リクルートが運営しているので安心感もありますね。

キャッチ画像288507

独身の男女が結婚を前提に付き合うお相手を見つける目的で登録していますので、遊び半分の人は少ないですよ。無料で登録はできて検索や「いいね」の送受信はできますが、有料会員にならないとメッセージの交換ができないので実質無料で活動することはできません。男性も女性も月額料金が発生するので真剣に活動している人ばかりです。
価値観診断を受けたあと、価値観マッチで価値観の合うお相手を毎日4名紹介してくれるので、話の合う相手がすぐに見つかると口コミでも評判が高いですね。

キャッチ画像288508
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
ゼクシィ縁結び利用者のリアルな口コミ評価|料金・利用者・使い方のすべて 

【プロフィール】で見分ける!アプリにいる既婚者の特徴

プロフィールの結婚欄が無回答

キャッチ画像288509

結婚欄は、未婚や離婚などのステータスを入力する部分です。普通、婚活するときにはこういった部分は初めから相手に提示しておくべき項目なので、空白にしていること自体が不誠実ですよね。無回答ということは、回答できない状態だということ。実は結婚していて、プロフィールに嘘を書くのがちょっと気が引けるからと回答していないだけ、ということが大いに考えられます。

アイコン写真に顔を載せていない

アイコン写真が後ろ姿とか、顔をはっきりと載せていない人の場合はもしかすると身バレしたくなくて写真を誤魔化しているという可能性があります。そのサイトを知り合いに見られてもバレないように、自分だと分かりにくい写真を使っているということですね。アイコン写真は検索すると大きく表示されることも多いですから、アイコン写真に顔を載せていない人は何かを隠していて後ろめたいのかもしれません。

いいね数が少ないor変動していない

キャッチ画像2885010

既婚者は身バレ防止機能を使っていて、プロフィールが公開されないようにしていることも。そのため、自分が「いいね」をした人にしかプロフィールが公開されないので、イケメンor美女なのにいいね数が極端に少なかったり変動しないということがあります。
他の人と比べていいねの数が少なすぎる人は、プロフィールを公開していない人かもしれません。

ユーザーとしてハイスペ過ぎる傾向がある

既婚者男性の場合は、年収が多かったり容姿が整っていたりと、「なぜこの人に恋人がいないんだろう?」と不思議になるようなハイスペック男子であることも多々あります。恋人がいないどころか、結婚してるのに他の女性を探しに来ているだけなんですけどね。
既婚者女性にも同様のことがいえるので、妙にハイスペックな場合には注意する必要があります。非の打ち所がないプロフィールの人は逆に疑ってかかる方が良いですね。

都内勤務なのに郊外住み

キャッチ画像2885011

都内勤務の独身の人なら、一人暮らしをして都内に住んでいることの方が多いと思います。実家が都内とかならまた話は違うかもしれませんが…。
都内勤務なのに郊外に住んでいるとなると、その理由は一つ。既婚男性or既婚女性だからです。結婚していて郊外に家を構えているから、郊外からわざわざ通勤時間をかけて通っているという可能性が高いです。家の場所を詳しく教えてくれない場合などは特に疑った方が良いですね。

30代〜40代に多い

一概には言えませんが、既婚者はお金に余裕がある年齢層である30代~40代の男性女性であることが多いです。お金がないと他の人と遊ぶ余裕はないですからね。
中には、相手からお金を貢いでもらう前提のヒモ体質の人もいますが…そういう人はお金に余裕がなくても浮気・不倫をやらかします。
また、20代でも職業がハイスペックな場合(例えば医師、弁護士、社長など)の場合は実は既婚であるという場合もありますから要注意ですね。

【連絡】で見分ける!アプリにいる既婚者の特徴

日中の連絡が多い

キャッチ画像2885012

既婚者の場合は、夜の時間は家族サービスの時間になっていることが多いです。スマホを触りすぎていると疑われてしまうリスクもあるので、基本的には連絡は日中にしてくることが多いです。
浮気・不倫をする人は日中に仕事の合間に返信をするというマメな行動は朝飯前であることが多く、息をするように異性の気を引く行動をすることができます。
ある意味仕事ができるタイプの人も多いので困ったものですが、明らかに土日や夜に連絡がつかない場合にはかなりの確率で妻がいると思って良いでしょう。

連絡ツールがLINE以外

LINEだと家族にバレてしまうリスクがあることから、連絡ツールはfacebookのメッセンジャーやTwitterのDMなどの他のアプリ・サイトのメッセージ機能を使ってくることが多いです。LINEから浮気バレすることが多いことを知っている、もしくは以前バレたことがあるからLINE以外を使いたいという意図があるのかもしれません。
なぜか「LINEよりこっちの方が使いやすいんだよね(笑)」などと良く分からない理由をつけて他の連絡ツールを使わせようとする人は既婚者である可能性が高いです。

夜の電話を嫌がる

キャッチ画像2885013

夜に電話をすると間違いなく家族にバレてしまいます。だから、既婚者は絶対に夜に電話をしません。「声を聴きたい」とか「少し話したい」と言っても一向に電話をしてくれない場合には、誰かと一緒にいるという可能性が非常に高いです。
メッセージならスマホいじりをしているというだけで誤魔化せますが、電話だけはどうにもなりません。夜の電話を一度もしてくれたことがない、という場合は疑った方が良いでしょう。

すぐにデートに持っていきたがる

細かいことはいいからとりあえずデートしよう!という強引なタイプは、もしかすると体目的で会いたいというだけの既婚者である可能性もあります。
長くやりとりをしていると家族にバレるだけではなく、相手にも既婚者であることを悟られてしまう可能性があることから、ボロが出る前に会おうとするのです。
展開が早すぎる場合は、会うまでに時間やコストをかけたくないという意識が働いてすぐにデートに持ち込もうとしていることも考えられます。

下ネタをふってくることがある

キャッチ画像2885014

これは特に男性に多いのですが、いきなり下ネタを振ってくるような男は要注意。下ネタを振るということは、下半身で女性のことを求めているということを最初から言っているようなものです。
話の流れからなぜか下ネタになっている場合には、体目当ての既婚者である可能性も高いですよ。そもそも、大切にしようと思っている女性に対して下ネタを振るはずがないですよね。

土地勘がない場合は単身赴任の可能性アリ

土地勘がなく、住んでいる場所の近くのお店や観光スポットもあまり知らないという場合には、実は他の地域から単身赴任で来ている既婚者という可能性もあります。単身赴任の場合は「一人暮らしだよ」と嘘をつくのも容易いので、家に呼んでくれたからと安心してしまいがち。他の場所に妻と子を置いてきている可能性もあります。このあとご紹介する、デートで見分ける特徴なども参考にしていただきながら、一人暮らし独身を装った既婚者をしっかり見分けるようにしてくださいね。

【デート】で見分ける!アプリにいる既婚者の特徴

土日やイベント時は会えない

キャッチ画像2885015

土日や、クリスマス・バレンタインなど恋人同士にとっては特別な日に会えないというのは不自然極まりないです。特に、付き合いたてだったらその日は何が何でも予定を空けるはずですし、何か理由をつけてイベント時や土日に会うのを避けようとする場合には、イベント時に一緒に過ごさなければならない誰かがいるということを疑ってみましょう。特に、クリスマスは一番分かりやすいです。「どうしても抜けられない仕事があって」などと言う場合には、10分だけでも会えないか食い下がってみるのも良いかも。

電話の時は席を外す

急に電話が鳴ったとき、その場で出ずに必ず席を外してから出るという場合には、相手の声や話の内容を聞かれたら困るのかもしれません。
LINEもそうですが、目の前で返事をしたり中身を見せてくれる場合には隠し事がないと分かります。しかし、スマホに来た連絡の内容を隠そうとする行動は基本的に怪しいと思って良いでしょう。将来のことを考えるような大切な異性に対して、スマホの連絡内容を隠すという不誠実な人はそもそも願い下げです。筆者の経験上、浮気をしている人はLINEの画面を絶対に見せないように不自然なほど隠します。

急なお泊まりは絶対にしない

キャッチ画像2885016

急に泊まられたら困る理由があるんですよね。「急に来られたら困る」などと言って、大好きな恋人が来るのを断るということ自体がちょっと不自然だと思いませんか。
翌日仕事だとか理由をつけたとしても、相手の仕事の日程をある程度知っていれば「嘘だな」とわかると思います。急なお泊まりは絶対にNGというお相手は、急に泊まられたら困る理由があると見て間違いないでしょう。マイペースで予定を大事にする人なのかな?と良い方に取って騙されてしまうのは辛いので、疑ってかかるくらいでちょうど良いですよ。

部屋に荷物が少ない

単身赴任の場合は、大きな荷物は家に置いてあり、生活必需品のみを部屋に持ち込んでいる場合が多いです。趣味のものなどが一切なく、家が異様に片付いている場合はもしかすると一人暮らしを装った単身赴任の人かもしれません。
場合によっては本当にミニマリストで余計なものを家に置かない人だという可能性もありますが、もしかしたら既婚者で単身赴任かも?という疑いの目線を持って相手の部屋を観察することも大切ですよ。

相手の家に行きたがる

キャッチ画像2885017

「家は散らかっているから」などと理由をつけ、相手の家に行きたがる場合はもしかすると都合良く遊ばれているだけかもしれませんよ。
お泊まりデートを自分の部屋でせず、相手の家やホテルを選ぶということは、自分の家に来られたら困るということの裏返しです。「〇〇ちゃんの家の方が落ち着くな♡」などと甘い言葉を言ってごまかそうとする人もいるかもしれませんが、騙されてはいけません。

オンラインデートを嫌がる

既婚者の場合は、とにかく時間と手間とお金をかけずに浮気相手として体の関係を持ちたいと考えています。出会いに関してコスパという考えが強いので、オンラインデートなどという面倒な手順を踏みたくないと考えることも多いですね。
また、オンラインデートの場合は自宅ですることも多いので、結婚している人の場合はオンラインデートは難しいです。それなら仕事や飲み会と偽って会いに行く方がよっぽど楽だし、そのままホテルに連れ込めればワンチャンありますから、既婚者の場合はオンラインデートはしたがらないのです。

ちなみに…既婚者とマッチングしたら「不倫」になるの?

キャッチ画像2885018

既婚者と独身、既婚者同士、どの場合でもマッチングしただけでは不倫とはなりません
マッチングはあくまでも連絡が取れるようになるというだけの状態を示しているので、それだけで慰謝料などの対象にはなりません。
ただし、体の関係を持ってしまった場合は別です。不倫の基準は「体の関係があるかどうか」。
一夜をともにする前に、相手が既婚者ではないか?ということをよく観察し、騙されないようにしなくてはなりません。
既婚者であることを知らないで付き合っていたとしても、配偶者がこのことを知れば慰謝料の請求をされるなどのトラブルに巻き込まれる可能性がありますよ。そうなると、弁護士をつけるなど余計な費用や精神的負担がかかって辛い目に遭いますから、自分の身を守るためにしっかり相手を見極めましょう。

相手が既婚者だと気づいたときの対処法3選

相手を即ブロック!

キャッチ画像2885019

既婚者であることが分かったときには、相手を問い詰めたり謝罪させたいという怒りの気持ちも湧いてくることでしょう。しかし、一番良いのはブロック機能を使ってすぐに連絡を取れない状態にすることです。
速やかに相手から自分を遠ざけることで被害が少なく済みます。連絡を取れる状態にしておくと、相手から謝ってきたり様々な言葉で誘惑してきたり、余計泥沼になる可能性も。よくあるのは、「妻(夫)とは別れるつもりだから。そうしたら再婚しよう」という言葉です。好きな人にそんなことを言われたら揺らいでしまうのが人間というもの。しかし、万が一その言葉通りに離婚して再婚したとしても、こういうことをする人は必ず繰り返します。次はあなたが不倫される側になることでしょう。絶対に相手にしてはいけません。

既婚者NGのアプリの場合は運営に違反報告を送る

恋活・婚活アプリの場合は、多くは既婚者NGという規約があります。
既婚者であることが確定的な場合は、運営に違反報告を送るという方法もあります。
まだ退会する前で、アプリのメッセージの段階で気づいた、1回会った程度の段階で気づいたという場合は非常にラッキーです。
すぐにブロックした上で、他の人が被害を受けないようにするためにも運営に報告をしましょう。あなたの報告のおかげで、騙されずに済む人がたくさんいるかもしれません。

デート中の場合は解散の流れに持っていく

キャッチ画像2885020

デート中に気づいたという場合には、その場では問い詰めることはせず、自然に解散の流れに持っていくのがベター。
明らかに子供と配偶者が一緒にいる写真を見てしまった、LINEのポップアップで配偶者からのLINEを見てしまったなど、明らかに既婚者であることがわかる証拠を偶然目にしてしまうこともあるでしょう。
そのような場合は、相手に気づいたことを悟らせずに、「そろそろ時間だから帰ろう」という空気に持っていきます。そして、そのまま連絡先はブロックしましょう。
問い詰めない方がいい理由は、逆上したりトラブルの元になる可能性があるためです。後ろ暗いことを指摘されたときに怒りをぶつけてくるタイプの人もいますので、自己防衛のため当たり障りなく別れるようにしましょう。

アプリで既婚者を引き寄せないコツ

デートに誘われても、すぐには会わない

キャッチ画像2885021

デートで誘われてもすぐに会わないという方法は、コスパ第一で相手を軽く見ている既婚者をふるいにかけることができます。
大体、既婚者の場合は家庭は家庭、楽しい恋愛・セックスは家庭の外で!と割り切った出会いを求めていることが多いです。
すぐに会ってしまうと相手の思う壺となってしまうことも。既婚者は異性の扱いに長けていることも多いので、モテない独身よりも「魅力的な異性」であることも多いのが実情。会ってしまうと相手のペースにされてしまうことも多いので、時間をかけて信頼できる相手かどうか見極めることが必要です。

相手の下ネタにはのらない

下ネタを言ってくる男は大半がヤリモク。エッチできる対象としてしか見ていません。そもそも異性として大切にする気はないので、相手が嫌がるかもしれない下ネタを平気で振ってくるんです。
一度でも下ネタに乗ってしまうと、そういう相手として見てOKなんだと判断されてしまい、ますます調子に乗ってくる可能性大です。
下ネタを言ってきたら、「そういうの嫌いです。」とはっきり断ってしまっていいですし、そもそもアプリで知り合って日が浅いのに異性に下ネタを振ってくるような人は最低な部類の人間ですから相手にする必要もありません。即ブロックでも良いくらいですよ。

婚活しているなら自己紹介文に載せる

キャッチ画像2885022

婚活しているのでマジメに将来を考えている人としかお付き合いできません、ということをはっきりと自己紹介文に載せるというのも一つの手ですよ。
遊び相手を探している人にとっては、婚活している人は「重い」「面倒くさい」「別れるときにこじれそう」などと考えるため、もっと気軽な恋愛を求めている人に声をかけることが多いです。
婚活していることを意思表示することで、本気の相手から声がかかる可能性も高くなりますから、真剣に出会いを探しているならそれがわかるようなプロフィールにしましょう。

マッチングアプリにいる既婚者の見分け方は覚えておこう!

キャッチ画像2885023

マッチングアプリは年齢確認・本人確認はされるものの独身であることを証明してくれるサイトはまだまだ少ないのが現状です。
既婚者が紛れ込んでいるかもしれない、という前提で相手のことをよく観察し、余計なトラブルに巻き込まれないように気を付けましょう。
既婚者が入り込みにくい真剣な婚活アプリを選んで楽しく婚活しましょう!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)