マッチングアプリで出会えないのは使い方が原因!解決策と奥の手5選

マッチングアプリを使い始めたものの全然出会えないと悩んでいる方は、マッチングアプリのを使いこなせていないのかもしれません。なかなか出会いないという方のために、編集部が解決策をまとめたのでぜひチェックしてみて下さい!

マッチングアプリを始めたけど…出会えない!

キャッチ画像291971

マッチングアプリを使えば出会えるって聞いて始めたのに、「全然出会えないじゃん!」とガッカリ。こんなことならお金かけなきゃよかった…と後悔した経験ってありますよね。

でも実は、使い方をちょっと変えれば状況は変わるかもしれないんです。
そこで今回は、マッチングアプリで出会えないと悩んだときに使える攻略法について徹底解説していきます!記事を参考に、アプリを効果的に使いこなしていきましょう〜。

【結論】出会えないのは、使い方に問題アリ

アプリを使ってみても全然出会いがない!と感じる場合は、使い方に問題があることが多いです。マッチングアプリはたくさん種類があることから、プロフィールの書き方や相手探しの方法などは千差万別、自由にできるようになっていますが、実はその自由さが難しさの原因でもあるんですね。

アプリ自体の使い方自体は簡単なものも多いですが、出会うための具体的な使い方のレクチャーをしてくれるアプリはなかなかありません。自己流で「出会いにくい」使い方をしてしまっている人も多いんです。ここからは、よくある使い方の問題点やその解決策について解説していきます。
マッチングアプリで出会えないと感じたときは、チェックしてみてください!

問題①登録したマッチングアプリが自分と合っていない

キャッチ画像291972

登録したアプリが自分に合っていないものだった場合、どんなに頑張ってもマッチングしないこともありえます。アプリ選びのポイントは以下の3つ。今一度、自分が使っているアプリで大丈夫か見直してみましょう。

恋活・婚活の目的でアプリを選ぶ

恋人を探すのに使う恋活アプリや、結婚したいと考えている人が使う婚活アプリなど、出会いを求めている人たちは目的別に棲み分けしています。
マッチングアプリを選ぶとき、何となく目についたからとか友達がやっていたからという理由で適当に選んだなら要注意!
自分が何の目的で利用したいのか、よく考えてからマッチングアプリを選ぶのが大切です。

自分と近い年代のユーザーが多いアプリを選ぶ

キャッチ画像291973

自分と近い年齢層がターゲットになっているマッチングアプリを選ぶことで、マッチングする確率は格段に上がります。
「自分は年下が好きだから」と若い人が多いアプリに登録しても、ライバルとなる同性も自分より年下が多いと、世代観の壁で不利になり、太刀打ちできずにマッチングが非常に難しくなります。
恋活・婚活市場における自分の価値を考えて、登録するアプリを選ぶのが得策です。

知名度の高いアプリを選ぶ

知名度が高く有名なものは会員数も多いので、その分出会いの幅は広くなります。
会員数が少ないアプリだと、一般的には都心など人が多いところ以外ではあまり使い物にならない…ということも多いですよね。
筆者は地方在住なので、会員数が少ないアプリだとほぼ新規会員も来ないし、ずっと同じメンツで全然新しい出会いがありませんでした涙。

タイプ別!人気のおすすめマッチングアプリ6選

キャッチ画像291974

「もしかして、自分が使っているアプリは合っていないのでは…?」と思ったら、これから紹介するマッチングアプリを参考にしてみてください。タイプ別におすすめしたいマッチングアプリを厳選しているので、これかな…と思うものが見つかるはずです。

マッチングアプリは人気の出会い方だけに、情報が色々ありすぎて迷ってしまうこともありますよね。今回紹介するマッチングアプリは知名度が高く、ターゲットの年齢層や目的もハッキリしているので、選んでおけば間違いないものばかりです。

アプリ初心者は「Pairs(ペアーズ)」から

キャッチ画像291975

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額1,320円(税込)~
累計登録数 1,000万人
年齢層 20代〜30代メイン
運営会社 株式会社エウレカ

マッチングアプリをあまり使ったことがない、もしくは初めて登録するのであれば、圧倒的におすすめなのがPairs(ペアーズ)です。アプリのデザインや使い方がわかりやすく、初心者向きとも言えるので、恋活・婚活を目的とした多くの人が登録しています。現時点で累計会員数は1000万人以上の超有名アプリなので、地方住みでもめちゃくちゃ出会えます!facebookを利用して登録すればmfacebookが友達の人は表示されないので、身バレしにくく安心ですね。

年齢層は20代後半~30代の男女が多く、女性は無料で利用可能です。
また、Pairs(ペアーズ)の特徴はコミュニティ機能が豊富なことです。約10万以上のコミュニティが存在するので、気になるコミュニティに参加すれば、趣味や価値観が似ている人と効率よく出会うことができるでしょう。趣味が同じだと初対面でも話が弾みやすいので、人見知りでもすぐに打ち解けることができますよ!

キャッチ画像291976
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を徹底解説

真剣度の高さで選ぶなら「マッチドットコム」

キャッチ画像291977

基本料金 月額1,690円(税込)〜
累計登録数 187万人
年齢層 20代〜40代メイン
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社

マッチドットコムは世界的にも有名なマッチングアプリ。日本国内でも累計会員数は現時点で187万人以上が利用しています。年齢層は30代~40代が多く、婚活アプリとしても使われています。会員の7割は結婚を希望していて、アプリ内で付き合ったカップルの44%が1年以内に結婚しているので、実績も高いのが人気の理由です。プロフィールを登録すると、自分と相性のいい相手がトップに検出されるのも嬉しいポイントです。

また、男女共に月額有料制度をとっているため、女性の真剣度が高いのも特徴です。それに合わせて、男性も真面目に婚活している人が集まってくるので出会いの質が高いんですね!プロフィール登録は無料でできるので、まずはどんな相手がいるのかチェックしてみましょう。

キャッチ画像291978
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

アラサー世代に人気の「ゼクシィ縁結び」

キャッチ画像291979

登録料 無料
基本料金 月額2,640円(税込)~
累計登録数 140万人
年齢層 20代〜30代メイン
運営会社 株式会社リクルート

ゼクシィ縁結びは、結婚情報誌ゼクシィから生まれた真剣な出会い探しを目的としたマッチングアプリ。ゼクシィブランドという知名度があるので、安心して利用することができます。特に20代後半からの利用者が多いので、アラサー世代の婚活にはおすすめのアプリです。

また、ゼクシィ縁結びに登録するなら「価値観マッチ」というシステムを使うのがおすすめ。搭載された価値観の診断テストを受けると、一緒にいると幸福度が高くなる相手を自動的に毎日4名紹介してくれるんです!価値観が合う相手なら、マッチングから結婚までスムーズに発展する可能性は高いですよね。

キャッチ画像2919710
▼こちらの記事もチェック
ゼクシィ縁結び利用者のリアルな口コミ評価|料金・利用者・使い方のすべて

結婚への最短コースは「youbride」

キャッチ画像2919711

登録料 無料
基本料金 月額2,400円(税込)~
累計登録数 220万人
年齢層 30代〜40代メイン
運営会社 株式会社Diverse

youbrideは、現時点で累計190万人以上に選ばれている婚活サイト・婚活アプリです。年齢層は30代半ばの人が多く、かなり真剣度が高いと口コミでも評判です
youbrideでは、結婚相談所と同様に各種証明書の提出が義務になっています。マッチングアプリの種類によっては、独身証明書などの提出がないため既婚者も混ざっている可能性がありますが、youbrideでは独身であることが証明されているので安心さはピカイチ
本気で結婚したいと考えている人は、選択肢にyoubrideをいれておくのも手ですね。

また、他の婚活アプリと比べて、月額制の料金が低価格なのもおすすめしたポイントです。
無理なく続けることができるので、相手に出会いや結婚への焦りを感じさせることも少なくなりますよね。出会いの数を増やすために、複数登録のアプリとして使っている人もいます。
今なら31日間無料のキャンペーンも開催されているので、まずは試しに登録してみるのもいいかもしれません!

キャッチ画像2919712
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

バツイチの恋活・婚活は「マリッシュ」

キャッチ画像2919713

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額3,400円(税込)~
累計登録数 80万人
年齢層 30代〜50代メイン
運営会社 株式会社マリッシュ

マリッシュは再婚・シンママ・シンパパが活動しやすいように優遇措置もある婚活アプリです。バツあり・もしくは離婚歴に理解のある人が多い会員層となっています。「バツありに対して理解があります」という男性は、プロフィール画面にリボンマークがついているので、バツイチを言うタイミングに悩むことがありません。

筆者も実は離婚歴があるので、相手にバツイチであることを受け入れてもらえないかも…と不安に思いながら婚活したことがあります。その点マリッシュは、現時点で累計マッチング数が600万を超えているので、バツイチでも自信を持って恋活・婚活ができるはずですよ!女性の利用料金は無料なので、試しに利用してみるのもアリです。

キャッチ画像2919714
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

生活圏内で出会いを見つける「クロスミー」

キャッチ画像2919715

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額2,317円(税込)~
累計登録数 75万人
年齢層 10代〜20代メイン
運営会社 株式会社プレイモーション

クロスミー日常の中で出会いが見つかる恋活アプリスマホの位置情報を使ってすれ違った人が表示され、いいなと思った人に「いいね」を押すというシステムです。普段の生活圏内で出会えるので、関係は発展しやすいですよね。恋活目的はもちろん、フランクに友達探しくらいの雰囲気で使っている20代前半の利用者が多いのも特徴でしょう。SNS感覚で仲良くなれると評判も高いです。

特に都心部は、ちょっと歩くだけでたくさんの人と出会えるので、人が多いところによく行く人はめちゃくちゃ効率がいいですよ!プロフィールにはどういう目的で登録しているか表示されるので、トラブル防止のためにも自分の利用目的と合った人を選ぶようにしましょう。

キャッチ画像2919716
▼こちらの記事もチェック
クロスミーの使い方を徹底攻略!『すれ違う』という出会いのスタイルが斬新で運命的なマッチングアプリ

問題②プロフィール写真の撮り方がマズイ

プロフィール写真の撮り方によっては、一目でいきなりNGにされている可能性も!
マッチングアプリでは、写真の印象がそのままイメージになってしまうので、写真の選び方でマッチング率が大きく変わってきてしまうんです。今使っている自分の写真がNGな写真になってないかチェックしてみましょう!

自撮り写真は絶対NG

普段あまり写真を撮る機会がない人は、マッチングアプリのプロフィールについ自撮り写真を使ってしまいがち。でも、メイン写真が自撮りの人って、実はマッチングアプリではあまりイメージ良くないんですよ。

自撮り写真だと、ちょっと自意識過剰な感じに受け取られてしまったり、なんか必死すぎ…と引かれてしまったりすることがあるからです。多少写りが悪くても、他撮りで撮影した写真の方が印象が良いことも多いです。

加工しすぎてない?

キャッチ画像2919717

可愛くorカッコよく見せたいあまり、写真アプリで加工しまくっていませんか?自分では自然な加工にしたつもりでも、他人から見ると、実は加工写真って結構わかるモノなんですよね…。

背景が歪んでいたりとか、骨格やサイズ感が不自然になるほど加工したりしてしまうのは良くありません。加工写真に惹かれて「いいね」してくれた人と、実際会ったときに幻滅されてしまうリスクもあります。加工は写真の明るさを変えるくらいにしておきましょう。

背景で趣味がわかる写真は人気が高い

ただの人物写真ではなく、趣味をしているところなどその人のイメージが湧きやすい写真を使っている人は、人気会員になりやすいです。例えばテニスが趣味なら、ユニフォームを着てテニスをしているところの写真を使ってみたら良いですよね。できるだけカメラを意識せず、自然にしているところを友達にさりげなく撮ってもらいましょう。

サブ写真も追加しよう

キャッチ画像2919718

写真はメイン写真一枚だけよりも、サブ写真も複数枚ある方がマッチング率は上がります
自分が相手を選ぶ立場だったとしても、メイン写真一枚だけの人だと「この写真だけ写りがいいのかな?」と不安になりますが、何枚かあるとその人のことがわかるから好感が持てますよね。
メイン写真一枚だけしか登録してない場合は、全身写真や趣味の写真を交えて、いくつか登録してみましょう!

問題③プロフィールの内容が薄い

まず写真を見て「いいね」するかどうか決める流れは多いですが、いいねを押す前には、写真からプロフィールをチェックすることも多いです。そのため、そのプロフィールがいい加減だと印象が最悪に…。誰でも書けるような内容だと没個性的になり目立たないだけではなく、真剣みがないと思われてしまう可能性もあります。写真は悪くないはずなのに…と思うときは、自分のプロフィールを見返してみましょう!

プロフィール項目が埋められていない

プルダウンで選べるような、簡単なプロフィール項目すら全部埋められていないとなると、出会いに対する一生懸命さが感じられないと思われてしまうことが多いです。相手に自分のことをアピールする場なのに、プロフィール画面を埋めていない人は「いい加減な人」というイメージになってしまうからです。

マッチングアプリを始めるときは、プロフィール項目の設定が一番面倒で時間がかかりますが、ここを一生懸命やらないとマッチング率は上がらないのです。

自己紹介文は最低でも200文字以上!

キャッチ画像2919719

自己紹介文に「よろしくお願いします」だけしか書かれていない人は、人物像がわかりにくいですよね。男女共に、そういったプロフィールの異性から「いいね」が来ても、良い印象は受けません。女性は「ヤリモクだな」と敬遠し、男性は「業者かサクラ…?」と警戒してスルーしてしまうことがほとんどです。自己紹介文は、少なくとも200字以上は書きましょう。もちろん敬語を使って丁寧に書くことが大切です。

相手への理想条件はひとつに留めておく

恋人への理想は、挙げればキリがないほどいろいろありますよね。
しかし、条件の数が多ければ多いほど、その条件が厳しいほど、相手を見つけるのは非常に難しくなります。特にマッチングアプリにおいて、異常に高スペックの人は逆に信用ならない場合もあります。

そのため、相手への理想条件は絶対に譲れない一つの条件に留めましょう。例えば、年齢を±5歳にしたいと思うなら、年収の希望は諦める…などですね。自分はどこまでなら許せるか考えておくことも大切です。

問題④初回メッセージの送り方を間違えている

キャッチ画像2919720

マッチングした…!と喜び、初回メッセージを送ったのに返信ナシ…といった経験をしたことがある人も多いでしょう。実は、これって初回メッセージの送り方を間違えているのが原因であることが多いんです。マッチングしたって結局出会えないじゃん…と思っている人こそ、この機会に自分のメッセージを見直してみましょう。

初回メッセージには入れる質問はひとつだけ

マッチングをすれば関係進展を期待して、つい色々なことを聞いてみたくなってしまいますよね。しかし、ここで焦るのはよくありません。1つのメッセージにあれこれ質問をたくさん書いて、長文を送ってしまうのはNGです。

特に初回メッセージに質問がたくさん入っていると、相手はこれからのやりとりが面倒に感じるようになります。男性の場合は、質問が多すぎてどれに答えればいいかわからない…とそのままスルーしてしまう人も。当たり障りのない内容に質問を1ついれておくだけで、返信率はグッと上がります。

短文・長文すぎないバランスがベスト

キャッチ画像2919721

「マッチングありがとうございます」だけでは次の会話に続かないですし、誰にでもコピペできる文章なので真剣みがありません。かといって、最初から目が滑るような長文を送られてもビックリしてしまいますよね。

短文すぎず、長文すぎず…というちょうどいい長さは、「4行以上8行以内」が黄金比率。ほどよく真剣さが伝わり、重すぎず気軽に返信できるようなメッセージの長さにするのが大切です。

最初からタメ口はNG

最初からメッセージをタメ口で送るのは、相手に対して非常に失礼な行為です。
年下だからといって「〇〇ちゃんって呼んでいい?」などと上から目線なタメ口のメッセージを送ったら速攻でブロックされてしまいます。
会って話が盛り上がれば自然とタメ口になっていきますし、メッセージの中では敬語で話すくらいがちょうどいいですよ。

マッチングから2時間以内に送るのがコツ

キャッチ画像2919722

初回メッセージは、お互いに「いいね!」をした場合に送れるようになることがほとんどです。
どちらから送るという決まりはないですが、マッチングしたことに気づいたらすぐ送るのがベター。ここに恋の駆け引きはいりません。

他のライバルに先を越されないためにも、できるだけ早く気づいてメッセージを送りましょう。
先にイイ感じでメッセージが続いている人がいると、どうしても後からの人は相手にされなくなってしまうので、タイミングは重要です。

問題⑤デートに誘うタイミングが早すぎる

マッチングアプリで気を付けたいのは、デートに誘うタイミングです。特に、デートに対して警戒心が強いのは女性が多いです。デートに誘うタイミングが早すぎると、相手はそこからもうメッセージを送るのが面倒になってしまうことも。デートに誘うタイミングを間違ってないかは、要チェックです。

最低でも顔を合わせるのは1週間待つ

会わないと恋愛は始まらないので、とりあえず会ってみたい!という気持ちはわかるのですが、マッチングアプリでは、最低でも顔を合わせるのは1週間以上メッセージを続けてからがベターです。相手の性格にもよりますが、マッチングしてからまだ数回しかメッセージの交換をしていないのにいきなり直接会うのを迫られると引いてしまう人も多いからです。
特に、女性は二人きりで知らない異性と会うことに抵抗感のある人も多いので、男性側はそれを考慮することも大切ですね。

夜のデートには誘わない

キャッチ画像2919723

夜のデートはお付き合いするようになってから…くらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。特に、女性は「男と二人きりで夜のデート」となると、体の関係に持ち込まれる可能性があると思って「ちょっとやめとこうかな」という意識が働きやすくなります。

最初は他にもお客さんがいるお店で、昼のデートが望ましいでしょう。
お仕事の関係などで、どうしても夜じゃないと都合が合わない場合は、早めの時間で設定し1次会で帰宅するのが鉄則です。

オンラインデートを提案するのはアリ

実際に会うデートの前にオンラインデートを挟むと、デートのドタキャン防止につながるのでおすすめです。オンライン上とはいえ顔を見て話をすることで、お互いに安心感を持てるからです。
せっかくデートをとりつけてもドタキャンされることが多かった…という場合は、オンラインデートを提案してみましょう。

案外オンラインデートでも十分相手のことがわかったりするので、侮れないですよ。最近のマッチングアプリはオンラインデート機能を実装しているものも多いので、ぜひ利用してみましょう。

問題⑥メッセージのやりとりが続かない

キャッチ画像2919724

マッチングアプリで出会えないと感じる多くの人が抱える問題は、メッセージのやりとりが続かないことです。お互いに1通目のメッセージを送り合ってようやくこれから!と思ったら全然会話が続かない…。何を話していいかもわからずそのまま自然消滅…という悲しい現象を体験したことがある人は多いはず。メッセージのやりとりが続かないのは、メッセージの内容に問題アリかもしれません。

質問返しをしていない

例えば、「休日は何して過ごしているんですか」という質問が来たときに、そのまま返事をして終わっていませんか。質問に答えるだけでなく、相手にも質問返しをして話を広げるのが、やりとりを続けるコツです。最初からメッセージがポンポンと続く方が珍しいので、特に初日は、質問が来たら「答え+質問」で返すようにするのがポイントです。

相手のプロフィールはきちんと読んでおく

キャッチ画像2919725

相手のプロフィールをきちんと読んでおくことはマナーです。プロフィールの内容に書いてあることを相手に質問してしまうと、「この人は自分のプロフィールを読んでないのか」と幻滅されてしまうこと間違いなし。

何か聞いてみようかなと思ったら、まずはプロフィールを見て、そこにその内容が書かれていないか確認しましょう。特に、オンラインデートを含むデートの前にはきちんと読み返し、失礼のないように対応するのがベストです。

趣味と出身地ネタは話題を広げやすい

趣味が同じ人であれば、友達感覚で話題を広げやすいのでやりとりは続く傾向があります。
相手を探すときは、コミュニティなどで同じ趣味の人とマッチングするようにすれば、話題に困る確率は下がるでしょう。

また出身地が同じ人であれば、出身地ネタも鉄板。よく行くお店や、好きな食べ物などが似通っている可能性も高いので、そこからデートの誘いにも発展しやすいですよね♡

マッチングアプリで出会いを掴む!奥の手5選

キャッチ画像2919726

結局、どれだけ対策してもなかなかうまくいかない…というときは、奥の手を使いましょう!
マッチングアプリを使うときに試してみたい、そんな奥の手をこっそり紹介しちゃいます。
これを使って、出会えない勢から一歩抜け出しましょう〜!

いいね数が多すぎない相手に「いいね」を送る

いいね数が多い人気会員を相手に「いいね」を送ってしまうと、マッチング率は下がることが多いです。相手は大量の「いいね」の中から相手を選ぶわけですから、出会えない可能性は高くなってしまいますよね。

ひと月にもらえる「いいね」の数も限られているアプリは多いため、可愛いorカッコイイなどの理由で、人気投票のように「いいね」を使ってしまうのはもったいないかもしれません。
マッチング率を上げるなら、「いいね」の数が多すぎず、かつ登録してからまだ日が浅い人を狙うのがおすすめです。

足跡を残しまくる

キャッチ画像2919727

足跡をたくさん残しておくと、「いいね」を消費することなく相手にさりげなく自分をアピールできます。足跡をチェックしている人は意外と多いので、いろいろな人のプロフィールを読んで足跡を残していきましょう。

また、気になる人がいるものの「いいね」する勇気がないというときは、お気に入り機能などを利用して何日かに分けて足跡を数回残すのも効果的です。相手からも足跡が返ってきていたら、思いきって「いいね」をしてみるのも良いかもしれません。

アプリには毎日ログインする

アプリへのログインが少ないと、相手からの「いいね」への対応も遅れてしまいます。
せっかく「いいね」してくれていたのに、他のライバルに先を越されてしまう可能性も。

アプリによっては、毎日新しい人を紹介してくれるものも多いので、ログインボーナスをもらうくらいの軽い気持ちで、毎日ログインしましょう。また、ログイン回数が多いと、相手に表示される確率が上がるため、出会いの数を増やすことにもつながります。

コミュニティはできるだけ参加しておく

キャッチ画像2919728

コミュニティ機能のあるマッチングアプリを使っている場合は、いろいろなコミュニティに積極的に参加していきましょう。趣味のコミュニティはもちろん、恋愛や結婚に対する価値観のコミュニティも細かく探して参加しておけば、価値観の合う相手が見つかりやすくなります。

ただし、お店や出身校などのコミュニティは個人が特定されてしまう恐れもあるので、個人情報につながるようなコミュニティへの参加には多少注意が必要です。

つぶやき機能や投稿機能を積極的に利用する

つぶやき機能、投稿機能などが実装されているアプリを使う場合は、その機能は余すところなく使うようにしましょう。つぶやきや投稿を見ることで、普段どういうことに興味を持っているのか、どういうことを考える人なのかがわかりやすくなります。

写真や文章によって、性格や考え方は結構わかるもの。共感してくれる人が増えれば、それだけ「いいね」してもらえる確率も上がります。ただしこの機能も、特定されてしまうような個人情報の発信については注意しておきましょう。

マッチングアプリは使い方次第!今度こそ出会いの数を増やそう!

キャッチ画像2919729

マッチングアプリは、使い方を変えれば出会いの数は一気に増えます。使うアプリを工夫したり、使い方を変えるだけで結果は大きく変わってくるのです。出会えない…と感じていた人ほど、使い方によっては大成功する可能性を秘めていますよ!
今回紹介した方法を参考に、マッチングアプリを生かして素敵な恋人を見つけていってくださいね〜!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)